ファストドクター

ファストドクターが札幌でサービス開始!往診エリアには注意!

2022年9月1日にファストドクターの北海道(札幌)でのサービスが開始されました。

感染症の大流行で、自宅にお医者さん来て診察や薬の処方をしてくれる「往診」の需要が拡大しています。

この、「往診」に関して、業界トップの会社がファストドクターです。

札幌にいる方には馴染みが薄い方も多いかもしれません。この記事では、ファストドクターの概要ついて、実際にどの区に住んでいる方がサービスを受けられるのか見ていきます。

ニュースで特集されていたので、「ファストドクター」のサービスのイメージをつけるためにも、以下を一度確認してみてください。

ファストドクターってどんなサービス?

ファストドクターは結論を言うと「往診サービス」です。

めまいや動悸、下痢などの内科の疾患や、切り傷・咬傷などの外科的な治療。火傷や皮膚の痛みなどの皮膚の疾患。そして、自宅療養が必要な方などのフォローアップなども行なっています。

https://fastdoctor.jp/follow-up/

対応している時間は、平日・土曜日は18:00-朝6:00の時間で、日曜日に関しては朝6:00〜翌朝の6:00までサービスを受けることができます。

地域によって対応している時間は違う可能性が高いです。ですが、病院の営業が終了している時間にも対応してくださるので多くの人の助けになっています。

特に日曜日に関しては、病院が一切営業していないので、休日救急当番病院に自分の足で行かなければならないので、体調不良の方には負担が大きいです。

しかし、「往診」に関しては自宅でお医者さんが来るのを待つことが出来るので、患者さんの負担が小さく済むので利用する方が増えているサービスです。

東京などで実際にサービスを受けた方のTwitterを次に紹介していきますね。

ファストドクターのサービスを利用した方の口コミ

良い口コミ
  • PCR検査や抗原検査もしてくれたので一安心!
  • 車がない家庭にとっては救世主!
  • 診察だけじゃなくて薬も処方してくれるからいいよね!
  • 自宅療養者の食糧支援は本当に神
  • 小さいお子さんがいる家庭にとっては料金が安く本当に良い!
悪い口コミ
  • 申し込んでも10分後にすぐに来てくれるわけではない
  • 対応地域が決められているため地域対象外の場合もある
  • 料金が普通に病院に行くよりも高額になりがち
  • 混んでいてお断りされる可能性もある

実際に生の声が聞けた方が良いと思うので、実際にTwitterのまずは良い評価をしている口コミについて見ていきます。

素晴らしいサービスですので良い口コミが圧倒的に多いのですが、実際に不満に感じている方の声も合わせて紹介します。

マイナス面もきちんと知っていた方が良いので、高評価の口コミが圧倒的ですが、あえてマイナスの口コミも紹介します。

サービスを提供している地域に制限がある、大人は高額な医療費、時期によっては混雑している。この3点を不満に感じている方が多い印象です。

ファストドクターの問題点は半径16キロ問題と料金

実際にTwitterを見ていただけるとわかるのですが、ファストドクターについては素晴らしいサービスと評価している方が多いです。

夜間・休日に病院が営業していない時間に自宅に駆けつけてくれて、薬まで処方してくれるのですから。

ですが、Twitterの口コミでもあった通り、申し込みが可能ってなっているのに、申し込みが断られたと言う事例が起きています。そして、料金も高額(子供は医療助成で圧倒的にお得)なので利用方法も場合によっては考える必要がありそうです。

以下の2つの問題点についても確認してみます。

ファストドクター2つの問題点
  • 半径16キロ問題
  • 医療費が高額

往診の半径16キロ問題とは?

訪問診療は厚生労働省が決める基準として、特別な事情がない限りは16キロ以内の地域にしか行くことができません。(法律によってきめられている)

そのため、東京などの幅広い地域を網羅するためには、それぞれの医師が拠点を作って、その拠点から16キロの地域の範囲内で往診をすることになります。

地域の対象外というのは、この16キロ以内の地域の制約から16キロを超えてしまうことを意味します。

ファストドクターのアプリで登録を行うと、往診の依頼が出来る地域に住んでいるのか確認ができます。

まずは、自分の住んでいる地域が往診可能地域なのかの確認は必須です。アプリに登録後に未対応エリアの場合は、以下画像の右の画像のような表示が出ます。

現在、札幌の10個の区がある中で、全域対応しているのが「厚別区」「北区」「白石区」「東区」になります。

一部対応地域

札幌市:清田区/中央区/手稲区/豊平区/西区/南区
石狩市/石狩郡当別町/江別市/小樽市/北広島市

ファストドクターのアプリを登録したい方は以下をご参照ください。

ファストドクターのアプリの利用方法を完全解説!この記事では、ファストドクターのアプリの利用方法を解説していきます。 最近では、「夜間・休日救急のお守りアプリ」として認知度が広が...

何かあった時のために、アプリだけ入れておきたい方は「App Store」もしくは「Google Play」にてインストールが可能です。

ファストドクター(往診・オンライン診療)新型コロナ・ワクチン
ファストドクター(往診・オンライン診療)新型コロナ・ワクチン
開発元:FastDOCTOR, Inc.
無料
posted withアプリーチ

 

ホームページでも往診エリアかどうかの確認が出来ますので、気になる方は以下ページより郵便番号を入力してみてください。

https://fastdoctor.jp/area/

私の友人は福住に住んでいるのですが、豊平区でも往診対応エリアとしての表示が出ました。

医療費が高額問題

ファストドクターは救急外来に行くのと料金があまり変わらないと意見している人が多いです。

大人ですと料金が1万4000円くらいかかる場合もあるので、保険診療が適応になっているとは言え、決して安いとは言えないです。

安心を買うのか?それとも我慢をして週明けに病院に行くのか?

考え方は人それぞれだと思います。無理して悪化して取り返しのつかなくなる前に、往診をして診てもらうのは、決して間違った判断ではないです。

特にお子さんの場合は、初めての子育てで子供の状況がよくわからない場合も多いと思うので、専門家の視点で見てもらうのは非常に大切なことです!

お子様の場合は、札幌でも医療の助成制度を利用できますので、かなりお安く利用ができます。助成制度について次に見ていきます。

医療助成については、札幌市のホームページに詳細内容が記載されています。

https://www.city.sapporo.jp/hoken-iryo/iryojosei/nyuyoji.html

正しい情報を得るために、上記のリンク先は見てほしいのですが、役所の文章が苦手な方は簡単に内容をピックアップしたのでこの記事を読む進めてください。

ファストドクターは子育て中のパパ・ママの強い味方!

札幌でファストドクターのサービスを受ける場合、0歳〜小学生までのお子さんの場合は、580円+交通費(960円)の値段になります。

中学生の場合は1割負担+交通費(最大960円)です。

大人の料金ですと約14000円などの料金が一般的になりますが、お子さんの場合は非常に安い金額で往診を受けることができます。

ファストドクターは、子育て中のパパさん・ママさんには本当に強い味方です。

車がなくて病院に行けないけど、自宅に来てくれるから安心!

特にワンオペ中のママさんにとっては本当に心強いサービスであること間違いないしです!!