新規登録

勃起障害(ED)3ー心因性EDの症例

2016年05月12日 11:30

患者プロフィール

年齢、性別:35歳、既婚男性

家族構成:妻34歳

主訴:5年前に結婚したが子供に恵まれなかったため妻が婦人科を受診、排卵日前後3日間性交を行うタイミング法を行った。しばらくして妻が排卵日に近づくと、性欲・勃起が低下してきた。妻は夫に対して不妊治療に協力的でないと怒っていた。

患者への確認事項や診察内容

Q:性交を3カ月で何度試み、挿入、射精は何度うまくいきましたか?

患者:3カ月に9回試み挿入できたのが5回、射精できたのが2回でした。

Q:自慰での勃起硬度は、どのくらいですか?〈表1

患者:「陰茎は挿入には十分硬いが、完全には硬くはない(Grade3)」でした。

Q:どんな時に失敗しますか?

患者:排卵前1回目の性交は何とか可能なことが多いのですが、翌日や翌々日には性欲が低下し勃起も弱いです。不妊治療に協力したい気持ちは十分あるのですが、妻は愛情というより精液を欲しがっているようで、気持ちが冷めてしまいます。

ファーマトリビューンウェブに登録すると記事全文を無料でお読みいただけます。

はじめての方

今すぐ登録(完全無料)

会員の方はこちら

ログイン
1 2 3 4 5 6 7
トップに戻る