新規登録

【結果発表】今度こそ本気で禁煙したい...お悩みのお客さん〜あなたのオススメは?

2016年05月16日 11:30

 「今度こそ本気で禁煙したいお悩みのお客さん〜あなたのオススメは?」では、アンケートにご協力くださり、ありがとうございます。アンケート結果に加え、編集部の考察をお届けします。

 新緑薫る金曜日の午後、あなたが勤務する薬局にこんな方がやってきました。どうやらなにかお探しのようです。

「実は禁煙を考えていて。今まではなかなか踏み切れなかったんです。でも、妻が妊娠したので今度こそ!と思って。禁煙ガムとかシールってどんなものがありますか?どれがいい?それとも気合いで乗り切るべき?」

...とのこと。

CASE
30代会社員の男性。営業職。平均喫煙本数は15本前後/日。職場には喫煙者が多く、これまでなかなか禁煙に踏み切れなかった。しかし、妻の妊娠を契機に禁煙を決意。禁煙外来の受診も考えたが、多忙で通院の時間が取れないことに加えて、通院してまで...といった躊躇もある。健康診断に異常値はなく、持病もない。

Q1.あなたの薬局で扱っているOTC医薬品などの商品、あるいは、卒煙経験のある方はご自身の経験からでもかまいません。このお客さんにオススメを紹介してください(複数選択可)。

(n=8)

1605052_fig.jpg

*・・・禁煙に関するアプリやwebという回答がありました。

Q2.上記で選んだ具体的な商品名(製品名)と、選んだ理由をお教えください。

禁煙補助薬(ガムタイプ)

ニコレット®・・・職場に喫煙者が多いため、誘惑が多い。 パッチより、ガムの方が口寂しさがまぎれやすい。

禁煙補助薬(パッチタイプ)

  • ニコチネル®・・・ガムタイプは少しかみ方にコツがあり、合わない方もいる。パッチタイプで禁煙しつつ、口が寂しいときは医薬品ではない通常のガムを噛むことである程度対処できる。
  • ニコチンパッチ・・・営業でガムタイプは使いづらいこと、職場に喫煙者が多く誘惑があることから、はるタイプの禁煙補助薬をおすすめ。

普通のガムやタブレットなど

お客さんの好きなガムから試してもらう。 順番に害の可能性の低い選択肢から選んで、選択肢が多いと思って焦らず禁煙へ考えてもらうため。

禁煙啓発本

『禁煙セラピー』 アレン・カー 著

Q3. オススメ商品を選択する上で、確認しておきたいことなどありましたら教えてください

  • 併用薬やコーヒーの摂取について。
  • 現在吸っているタバコがメンソールかどうか(メンソールタバコのほうが禁煙しにくいと言われており、その場合はニコチンガムまたはミント系のタブレット菓子を勧める)。顎関節症の有無、ガムを噛んでも差し支えない業務環境かどうか(ガムは勧めずタブレット菓子で様子を見るか、パッチを使用するか相談)。仕事で車を運転するかどうか(禁煙外来でバレニクリン内服に適するかどうか)。
  • 今まで禁煙補助剤をやったことがあるか、本当に禁煙したい意志があるか、タバコを吸うことによる害を理解しているのか。

Q4.このお客さんにどのようにアドバイスをしますか?(一部抜粋)

  • 大きな目標を立てるのも大切ですが、「まずは1週間乗り切る」ことを目指してください。達成できたら、普段より美味しいものを食べに行くなど、ちょっとしたご褒美を自分に与えつつ、「次は2週間頑張ってみよう」といった感じで、短期間の目標を立ててみてはどうでしょうか。
  • 私は、たばこを吸えるお店は嫌いです。お茶・飲み会で、たばこを吸う人との同席はお断りです。衣類から漂う臭いも耐えがたいです。嗜好性とはいえ、喫煙を全否定したいくらいです。嫌煙家本人の人間性に関係なく、できるだけご一緒しないようにしています。 一緒に過ごしてくださるパートナーを大事に、末永くお幸せに。
  • ニコチンガムなどだけでなく、アプリや、本などモチベーションを維持するツールを使いながら、まずは1週間乗り切りましょう。辛くなったらいつでも相談に来てください。
  • 貼付薬でかぶれがでたりすればガムタイプにも変更できること、病院へ行けば内服治療もできることを説明する。急にやめることができなくとも、徐々に少なくしていき結果的にゼロにできるよう頑張りましょう。
  • 禁煙への治療方法は今たくさんあって、焦らずに進めればいいということ。 禁煙外来に行くことも選択肢として残しておくこと。
1 2
トップに戻る