新規登録

C型肝炎治療ガイドライン第5版を公開

2016年05月18日 10:30

 日本肝臓学会は「C型肝炎治療ガイドライン」を改訂し、5月16日に第5版を公開した。今回は新薬の発売による改訂ではないが、以前から検討されていたSpecial population〔(1)B型肝炎ウイルス(HBV)共感染例(2)HIV共感染例(3)腎機能障害・透析例(4)肝移植後再発例(5)肝発がん後症例〕についての治療対策が新たに追加された。

HBV再活性化に厳重な注意が必要

 2016年4月に、ダクラタスビル(商品名:ダクルインザ®)とアスナプレビル(同:スンベプラ®)を販売するブリストル・マイヤーズ・スクイブから、両薬の併用によりC型肝炎治療中のHBVキャリアまたは既往感染者において、C型肝炎ウイルス(HCV)が低下する一方でHBVが再活性化し、肝機能障害に至った症例があり、死亡例も報告されているとの発表があった(詳細はこちら)。現在、厚生労働省および医薬品医療機器総合機構(PMDA)が、HBV再活性化のリスクについて添付文書の「使用上の注意」の改訂の要否も含め評価中であるという。

 本ガイドライン第5版でも、「Special populationに対する治療方針」の項目で、この問題についての注意喚起を行っている。「HBV共感染例に対する抗HCV治療においてはHBVの再活性化に厳重な注意が必要である」とし、治療前、治療中にはHBVマーカーをモニタリングし、HBV-DNA量の上昇がみられた場合には核酸アナログ製剤を投与するよう記載されている。

 また、「HBV既往感染例に対する抗HCV治療においてもHBVの再活性化には注意が必要である」とし、治療中のALT上昇時などにはHBV検査を行い、再活性化が判明した場合には核酸アナログ製剤を投与するよう記載されている。

 慢性腎臓病(CKD)・透析患者に対しては、「積極的に抗ウイルス治療を行うべき」とされており、「CKDステージ別のインターフェロン(IFN)フリー直接作用型抗ウイルス薬(DAA)治療推奨度」がまとめられている()。

表 CKDステージ別のIFNフリーDAA製剤治療推奨*1

160518HCV_tab[1].jpg

eGFR:推算糸球体濾過量、GT:ゲノタイプ、SOF:ソホスブビル、LDV:レジパスビル、OBV:オムビタスビル、PTV:パリタプレビル、r:リトナビル、DCV:ダクラタスビル、ASV:アスナプレビル、RBV:リバビリン

(日本肝臓学会編「C型肝炎治療ガイドライン第5版」2016年5月 p80-81) http://www.jsh.or.jp/medical/guidelines/jsh_guidlines/hepatitis_c

アプリでは薬剤相互作用を簡便に検索

 本ガイドライン第5版はフルテキスト、簡易版とも同学会のホームページで公開されている。また、モバイル版アプリも作成され、同アプリの第5版へのアップデートも既に行われている。経口薬が中心となったC型肝炎治療における重要な問題は薬剤耐性、薬剤相互作用だが、アプリでは一覧表以外に薬剤相互作用を簡便に確認できるボタンを備え付けている。

 このアプリは、欧州肝臓学会のGLで推奨されている英・リバプール大学のアプリを参考に開発したという。iPhone、Androidともに「肝炎」で同アプリの検索が可能。

トップに戻る