新規登録

緑茶がアルツハイマー病予防の鍵に?

2016年07月01日 10:15

 近年の疫学研究により、生活習慣がアルツハイマー病(AD)などの認知症の発症に関連している可能性が示唆され、作用機序の解明が進んでいる。第58回日本老年医学会学術集会(6月8~10日、会長=金沢医科大学高齢医学講座教授・森本茂人氏)のAging Science Forum「認知症研究の進歩」で金沢大学大学院脳老化・神経病態学(神経内科学)教授の山田正仁氏は、なかじまプロジェクトの成果を紹介。緑茶摂取の習慣が将来の認知症発症リスク低下に関連することを明らかにし、食品に含まれる天然フェノール化合物成分を用いた、軽度AD患者を対象としたランダム化比較試験(RCT)が進行していることを報告した。

1606075_face.jpg

ファーマトリビューンウェブに登録すると記事全文を無料でお読みいただけます。

はじめての方

今すぐ登録(完全無料)

会員の方はこちら

ログイン
トップに戻る