新規登録

薬剤師の役割・存在意義を患者に伝えて 2

NPO法人ささえあい医療人権センターCOML 山口育子理事長

2016年08月03日 10:01

病院薬剤師の役割は患者に理解されつつあります

 私には、病院薬剤師と薬局薬剤師が全く違う職種のように見えます。病院薬剤師はチーム医療の一員として、患者の前に見える形で直接かかわる機会が増えてきました。医師とともに病棟を回り、薬物療法について薬剤師が医師に提案する姿を患者が見るようになりつつあります。それによって、患者にも薬剤師の役割が理解でき、"この人にはこういうことが相談できる"という期待を抱けるようになってきているのです。

 例えば、ベッドサイドで「私は緩和ケアチームの薬剤師です。がんと診断されたときから緩和ケアが始まります。抗がん剤などの薬については私が責任を持って情報提供と相談に乗ります」と言われれば、何を期待すればよいかが分かりやすい。病棟への薬剤師の配置が進みつつある中で、薬剤師の職能についての理解は深まるものと思われます。

薬局薬剤師の役割が患者には理解されていません

 一方、薬局薬剤師の役割は依然として見えません。医師への遠慮が透けて見えたり、定型的な説明の羅列に留まるため、なかなか自分にとって十分だと感じる情報提供が得られたと思いづらい。むしろ、インターネットで調べたほうが早いという人もいるくらいです。医師に話した内容をなぜ薬局でまで尋ねられるのか、アンケートをわざわざ詳しく書かされるのはなぜか、さらには、それらの情報を伝えたところで、期待するような説明が得られない、そんな不満を抱いています。

 一般の人々は、薬局薬剤師がどんな専門性を持っているのか、何を期待できる存在なのかを説明してもらったことがありません。だから、「処方せんに書いてある薬を出すだけなのに、なぜ時間を取られなければならないのか」という不満しか持てないのです。せめて、薬剤師の基本的な4つの役割「疑義照会」「薬剤情報提供」「残薬整理」「薬剤服用歴管理」は、説明して理解を求めるべきです。

 患者サービスの方向性が誤っているケースも見受けられます。必要性の有無も考慮せず、待ち合いの椅子までやってきて、ひざまづいて薬を渡しながら説明する「ひざまづき調剤」にうんざりする人は少なくありません。単にサービス過剰なだけでなく、プライバシーの配慮が完全にないがしろにされている。周囲の人に暴露されている上、聞かれたくないから、仮に質問したいことがあってもできません。過剰サービスは患者の願うものではないのです。

 2016年度の診療報酬改定により、お薬手帳の有無で負担額が変わりました。これを機に「お薬手帳で服薬管理をする意義」をアピールしてくれればと期待しましたが、いざ薬局に足を運べば、「お薬手帳を持参すると支払いが安くなることがあります」という説明のみ。これにはがっかりしました。費用が高いか安いかの説明に留まるだけではまったく不十分と言わざるを得ません。

地域の"医療者"として患者の健康を本気になって支えてほしい

 スイッチOTCが進む中で、薬剤師を必要としない第2類、第3類医薬品が増えています。一般の人が消費者感覚で気軽に購入できる環境が進む中で、安全性の担保に強い懸念を覚えています。しかし、調剤薬局は処方せん調剤に偏重し、OTCや衛生材料を取り扱わないために、一般の人にとって処方せんがないときにも気軽に立ち寄って相談できる場ではなくなりました。

 私は「健康情報拠点薬局(仮称)のあり方に関する検討会」の中で、健康サポート薬局であることを外から見てすぐ分かるようにポスターや看板を掲げることと、地域のリーダー的存在として他の薬局を含めて地域全体の薬局の底上げを図る役割を担うことを強く求めました。"健康サポート薬局"という名称に至るまで議論は二転三転、最終的に議長判断に委任する形でこの名称になりましたが、他の医療職が薬剤師に向ける目の厳しさ、薬剤師の職能を認めない発言の数々には非常に驚かされました。

 一般の人々は薬剤師の存在意義を理解できていないし、他の医療職からも同じ医療者と見られていない。薬剤師という職能集団は、今、崖っぷちにあることを理解していただきたい。自分の薬局だけがきちんとやっていれば済むことではありません。各地の薬剤師会などで地域の現状を把握し、必要な役割を全体で取り組み、地域医療の底上げを図る。そんな地域の"医療者"として、患者の健康を本気になって支えてくれることを願います。

8044dfafd6b413ba3b805566dc73d66ab444af1a.jpg

NPO法人ささえあい医療人権センターCOML(コムル)理事長
山口育子 氏
数多くの厚生労働省関連審議会などで患者の立場から医療の在り方に関する議論に参画している

1 2
トップに戻る