新規登録

科学×おいしさ「とろみ」つき即席みそ汁

ネスレ ヘルスサイエンスとマルコメがコラボ

2016年12月01日 14:00

 ネスレ日本(神戸市中央区)とマルコメ(長野市)は、嚥下に不安を抱える高齢者向けに"とろみ"のついた即席みそ汁『とろみ生活 料亭の味』を11月30日(水)"いい味噌の日"に新発売した。

 タンパク質を多く含むみそ汁はとろみがつきにくい。具や濃さが異なれば、一定のとろみを調整することが難しく、介護者の負担になっている。また、嚥下に不安がある場合には誤嚥しないことが優先され、おいしさが二の次になってしまう。

 この現状を踏まえて、安心とおいしさを両立する製品として開発されたのが『とろみ生活 料亭の味』だ。とろみは45度で、「日本摂食嚥下リハビリテーション学会」が設ける基準の段階3「濃いとろみ」になるよう調整してある。

 都内での新発売発表会では、「日本人の国民食であるみそ汁を、いくつになっても楽しんでいただきたい」とPRした。

■主要栄養成分<1袋 (7.5g) あたり>

熱量 24.5kcal、たんぱく質 1.2g、脂質 0.3~0.6g、炭水化物3.9g、食塩相当量 1.3g

31192424661_d2f7483e55_o.jpg

商品紹介ページ:https://www.nestlehealthscience.jp/brands/toromi-seikatsu/tsr

実際のとろみは動画で!

トップに戻る