新規登録

クロピドグレル錠「サワイ」 添付文書を改訂

2017年01月11日 16:45

 1月10日、沢井製薬株式会社は、抗血小板剤であるクロピドグレル錠25mg/50mg/75mg「サワイ」について、効能・効果と用法・用量の追加承認を取得した。これにより、先発品と同様に処方することが可能になった。

内容は以下の通り。

クロピドグレル錠25mg/50mg/75mg「サワイ」

効能・効果(下線部分が追加箇所)

・虚血性脳血管障害(心原性脳塞栓症を除く)後の再発抑制

・経皮的冠動脈形成術(PCI)が適用される下記の虚血性心疾患
 急性冠症候群(不安定狭心症、非ST上昇心筋梗塞、ST上昇心筋梗塞)
 安定狭心症、陳旧性心筋梗塞

末梢動脈疾患における血栓・塞栓形成の抑制

用法・用量(下線部分が追加箇所):

・虚血性脳血管障害(心原性脳塞栓症を除く)後の再発抑制の場合
通常、成人には、クロピドグレルとして75mgを1日1回経口投与するが、年齢、体重、症状によりクロピドグレルとして50mgを1日1回経口投与する。

経皮的冠動脈形成術(PCI)が適用される下記の虚血性心疾患の場合
通常、成人には、投与開始日にクロピドグレルとして300mgを1日1回経口投与し、その後、維持量として1日1回75mg を経口投与する。

末梢動脈疾患における血栓・塞栓形成の抑制の場合
通常、成人には、クロピドグレルとして75mgを1日1回経口投与する。

トップに戻る