新規登録

このように患者さんを「みて」います

在宅活動のピットフォール - Case3 -

2017年01月13日 00:07

ee169899a3aa9b20334e22e4a03da7c287421f7c.jpg

薬剤師の在宅活動で起こりえる落とし穴(ピットフォール)に対する対応方法、解決法を探るコーナー「在宅活動のピットフォール」。アドバイザーの福地昌之さんが、ご自身の患者さん対応の事例を紹介してくれました。

70歳 男性

主疾患・既往

脳腫瘍、高血圧、手の振戦、足のむくみ

内服薬

ニフェジピン10mg 1回2 錠 1日2回 朝・夕
ロサルタンカリウム50mg 1回1錠 1日1回 朝
アゾセミド30mg 1回1錠 1日1回 朝

※訪問開始当初は、残薬が多くあった。日めくり形式のお薬カレンダーを作製してベッド柵に結んだところ、現在、服用忘れはほとんどなくなった。
※この日は通常の内服薬の他に、外用薬ネリゾナクリームとウレパールクリームの混合が処方

介護度4

訪問診療:月2回  薬剤師の訪問:月2回
訪問介護:毎日朝方1時間、掃除・身の回りの世話
訪問看護:月2回  訪問入浴:週2回


生活スタイル

  • 一人暮らし。息子さんが近くに住んでいる
  • 日中は一人でベッドで過ごすことが多い
  • 夜11時頃に息子さんが来るまでは起きている
  • 食事は昼食と夕食の2回
    (息子さんが買ってベッド脇の台に置いておく)
  • ベッド脇のポータブルトイレで排泄をすます

病状

  • 血圧はほとんど問題なし
  • 足のむくみがなかなか取れない
  • 手の震えがある
  • 起きたては発声がうまくいかない

ある日の訪問時に行ったこと

  • 残薬の確認とベッド柵へのお薬カレンダー設置
  • 足のむくみの状態を確認
    むくみは変わらずに続いている。
  • 食事の確認
    昼食を完食していたので、食欲・嚥下には変化なしと判断した。ただし、コンビニ食が多いので、栄養の偏りが心配である。
  • 処方された外用薬(塗り薬)に関して状況を確認
    腹部に痒みを生じたとのこと。
  • 外用薬(混合薬)の軟膏ツボのふたが開けられるか確認
    手が不自由なので試してもらったところ、蓋を軽く閉めてあれば開閉できた。
  • 睡眠状況を確認
    夜中にトイレに起きるが、力むと目が覚めて眠れなくなってしまうとのこと。
  • 医師への報告
    患者さんが「ポータブルトイレの柵を握りしめて力むので、左腕の毛細血管が切れて、青あざになり腫れている」と発言。 
    →医師に報告した。
  • 夜間のオムツ使用を勧める
    「できることはなるべく自分でしたい」という気持ちを尊重し、1日中オムツを勧めるのではなく、排泄する時の出血を少しでも減らす目的で「夜間はぐっすり眠るためにオムツをしてみたらどうでしょうか?」とさりげなく聞いた。ケアマネにも相談をし、同様のアプローチをしてもらった。

トップに戻る