新規登録

2017年花粉予測②近畿は飛散が多め

全国の空中花粉研究者から-列島だより

2017年01月25日 08:00

 hayfever_tokai[1].jpg

 今年(2016年)のスギ・ヒノキ花粉が少量飛散の地域が多かった西日本。ただし、2017年は一転して飛散が多くなり、地域によっては大量飛散が見込まれている。NPO花粉情報協会をはじめ空中花粉研究者の実地予測から、東海・北陸と近畿に関する2017年の最新飛散予測を紹介する。

目次

  1. 新潟県(新潟市)の飛散予測
  2. 愛知県(名古屋市)の飛散予測
  3. 三重県(津市)の飛散予測
  4. 和歌山県(和歌山市)の飛散予測
  5. 京都府(京都市)の飛散予測
  6. 兵庫県(西宮市)の飛散予測

ファーマトリビューンウェブに登録すると記事全文を無料でお読みいただけます。

はじめての方

今すぐ登録(完全無料)

会員の方はこちら

ログイン
トップに戻る