重症薬疹 SJS・TEN・DiHSー1 疾患概念・疫学

  • 2017年03月14日公開
  • (2017年03月14日更新)

杏林大学医学部付属病院 皮膚科
塩原哲夫

はじめに

 薬疹とは、全身投与(経口、注射)された薬剤により生じる皮疹の総称である。一般に薬疹といえば、その薬剤に感作された(つまりアレルギーになった)人のみに生じるアレルギー性薬疹を指すため、薬疹はほとんどの人では何も症状を起こさない薬剤により生じると考えてよい。この点から薬疹を起こさない薬剤はないと考えてよく、薬疹の治療に用いられるステロイドによる薬疹すら起こりうる。当然、漢方薬やサプリメントでも薬疹は起こるが、これらは一般に薬疹を起こさないと見なされているため報告が少なく、その全貌は明らかになっていない。

記事の続きやコメントを読むにはログインが必要です

ログインはこちら

薬剤師・薬学生は無料会員登録へ

新規登録(登録無料・所要時間約1分)

薬剤師・薬学生向けの情報サイト「ファーマトリビューン」では、薬剤師業務に関わる幅広い分野の情報を無料で提供しています。是非、ご登録ください。

会員登録いただくと全ての記事がご覧いただけます。

  • 会員登録・利用は全て無料
  • メールマガジンにて最新の情報をお届け(週1回)
  • 会員限定のキャンペーンに申し込めます

会員登録(所要時間:約1分)

1 2 3
LINEで送る

Pたん 注目! クリックしてね