疑義照会を考えよう

医師の方が「疑義照会すべき」と考えているのは・・・

医師-薬剤師 疑義照会アンケート結果発表!

  • 2017年03月15日公開
  • (2017年04月03日更新)

「形式的な疑義照会に躊躇する」。読者の多くが感じていることでしょう。今回は、形式的なものや医師の事前承諾によって簡素化できる可能性のある9つの項目について、医師、薬剤師それぞれが、疑義照会がどの程度必要と考えているか聞きました。(回答者数:医師255人、薬剤師381人)

医師・薬剤師双方に尋ねた9項目と結果概要

  1. 同一成分の銘柄変更
  2. 一般名処方時の類似剤形への変更(先発品類似剤形への変更を含む)
  3. 処方規格変更
  4. 一包化調剤
  5. 処方製剤の粉砕や混合
  6. 残薬による投与日数調整
  7. 服用歴のある配合剤への変更
  8. 重複処方の削除
  9. 剤形変更

医師の方が「疑義照会すべき」と考えているのはこの2つ

記事の続きやコメントを読むにはログインが必要です

ログインはこちら

薬剤師・薬学生は無料会員登録へ

新規登録(登録無料・所要時間約1分)

薬剤師・薬学生向けの情報サイト「ファーマトリビューン」では、薬剤師業務に関わる幅広い分野の情報を無料で提供しています。是非、ご登録ください。

会員登録いただくと全ての記事がご覧いただけます。

  • 会員登録・利用は全て無料
  • メールマガジンにて最新の情報をお届け(週1回)
  • 会員限定のキャンペーンに申し込めます

会員登録(所要時間:約1分)

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13
LINEで送る

Pたん 注目! クリックしてね