新規登録

【公知申請】リツキサン®注 10 mg/mLの慢性特発性血小板減少性紫斑病追加など

2017年03月22日 09:00

 「医療上の必要性の高い未承認薬・適応外薬検討会議」における検討結果を受け、薬事承認上は適応外であっても保険適用の対象となる医薬品名が発表された。該当医薬品は以下の通り。

リツキサン®注 10 mg/mL

一般名: リツキシマブ(遺伝子組換え)

追加又は変更予定の効能・効果(該当箇所)

慢性特発性血小板減少性紫斑病

追加又は変更予定の用法・用量

通常、成人には、リツキシマブ(遺伝子組換え)として1回量375mg/m2を1週間間隔で4回点滴静注する。

保険適用日:平成29年3月2日

オビソート®注射用0.1g

一般名:アセチルコリン塩化物

追加又は変更予定の効能・効果(該当箇所)

冠動脈造影検査時の冠攣縮薬物誘発試験における冠攣縮の誘発

追加又は変更予定の用法・用量

冠攣縮薬物誘発試験には、アセチルコリン塩化物を生理食塩液に溶解し、冠動脈内に注入する。左冠動脈への注入から開始し、アセチルコリン塩化物として通常、20、50、100µgを冠攣縮が誘発されるまで5分間隔で段階的に各20秒間かけて注入する。 また、 右冠動脈には通常、20、50µgを冠攣縮が誘発されるまで5分間隔で段階的に各20秒間かけて注入する。

保険適用日:平成29年3月2日

詳細な情報は→http://www.pmda.go.jp/review-services/drug-reviews/review-information/p-drugs/0017.html

公知申請って...?と思った方はこちらの用語解説をどうぞ!

トップに戻る