新規登録

BPSDに適用外の認知症治療薬どう使う?

2017年03月28日 09:30

 認知症患者に伴う行動・心理症状(BPSD)に対し、適用外ではあるが認知症治療薬投与による効果が期待されている。しかしエビデンスが不十分な部分もあることから、熊本大学大学院生命科学研究部神経精神医学分野准教授の橋本衛氏は、認知症の病型と出現時期、治療ターゲットとなるBPSDの種類を整理した上で薬剤を選択する必要があると、第35回日本認知症学会(12月1~3日)で指摘した。

1612030_face.jpg

ファーマトリビューンウェブに登録すると記事全文を無料でお読みいただけます。

はじめての方

今すぐ登録(完全無料)

会員の方はこちら

ログイン
トップに戻る