新規登録

アダリムマブ、膿疱性乾癬の適応追加申請

2017年04月26日 11:30

 アッヴィは4月25日、ヒト型抗ヒトTNF-αモノクローナル抗体アダリムマブ(商品名ヒュミラ®)について、既存治療で効果不十分な膿疱性乾癬の適応追加の承認を申請したと発表した。今回の申請が承認されれば、アダリムマブは国内で10番目の適応症を取得することとなる見通し。

診療ガイドラインで抗TNF-α製剤を推奨

 今回の適応追加の申請は、日本人患者を対象とした第Ⅲ相試験のデータに基づいており、同試験では膿疱性乾癬と診断され、既存の治療薬で十分な効果が得られなかった患者において、アダリムマブの有効性と安全性について検討している。

 膿疱性乾癬は厚生労働省の指定難病で、主な症状は発熱、全身倦怠感、発赤、四肢の浮腫に加え、全身に発現する膿疱を伴う。膿疱性乾癬により特定疾患の認定を受けている患者は全国で約2,000例といわれ、50~70歳の患者が最も多い。

 日本皮膚科学会の「膿疱性乾癬の診療ガイドライン」(2015年発行)では、エトレチナート、メトトレキサート、シクロスポリンとともに抗TNF-α製剤も膿疱性乾癬治療に推奨される選択肢として位置付けられている。

トップに戻る