新規登録

多様な疑義を一緒くたに語るな!

【総括座談会】必要なのは、変えていく力だ! その1

2017年06月09日 08:00

「みんなのためになる疑義照会を考えよう」企画最終回。

今後の疑義照会の在り方をめぐる激論の模様をレポートする。異色のメンバーによる座談会では、疑義照会の多様性、医師や患者の無理解、行政に無駄な疑義照会を強いられている側面、調剤報酬優先の薬局経営とそこで働く薬剤師の苦衷など、疑義照会の"難しさ"が語られた。その一方で、疑義照会簡素化プロトコルの有用性、地域での事後的処方カンファレンスの可能性、さらには疑義照会で地域医療の質を上げる試みなど明るい展望も示された。

PT93_zadankai.JPG

多様な疑義を一緒くたに語るな

亀井 30 年ほど前は医薬分業が強力に推進された時期でしたが、私はそのころから大学で処方箋確認業務いわゆる疑義照会の実態調査に携わってきました。その調査を最初に行ったときに、医師に照会する内容には「字が読めない」「記入漏れ」といった形式上の不備に関するもの「重複投与」「相互作用」などの臨床的な問題、さらには患者の要望を医師に伝えるための照会があることを知りました。

一言で"疑義照会"と呼んでいますが、処方医に確認する内容は、非常に幅が広く、処方箋上の疑わしい点だけではないことに気付いたのです。PharmaTribune(以下、PT)誌のアンケートで疑義照会に対する認識に差があったのも、「疑義」自体の捉え方がまちまちだからではないでしょうか。まず、先生方それぞれの立場から、疑義照会について意見をうかがいたいと思います。

高橋 日本に多い単独医療機関と門前薬局とのマンツーマンの組み合わせでは、医師と薬剤師はよくも悪くも密に連絡が取れているようです。ところが、処方箋が違う薬局に行き、普段話をしない薬剤師から連絡が入ると、とたんに身構える医師が多い。医師も薬剤師も顔の見えない人と話すことに抵抗があるのでしょう。

亀井 疑義照会がストレスになっているという話はよく聞きます。一方で、うまくいっているところもある。顔の見える関係かどうかが、鍵を握っているのでしょうか。

高橋 医師にとっては、診療が終了した後で思ってもみないことを言われたりするわけで、抵抗感はあって当然です。ただ、今後の地域完結型医療では多職種間の意思疎通が必須です。種々の職種が連携し患者を含めた大きな枠組みで良い医療をつくっていかなければなりませんから、マンツーマン型ではないコミュニケーションに慣れる必要があります。

ファーマトリビューンウェブに登録すると記事全文を無料でお読みいただけます。

はじめての方

今すぐ登録(完全無料)

会員の方はこちら

ログイン
1 2 3 4
トップに戻る