行ってきました

多職種連携の中での薬剤師

第10回日本在宅薬学会学術大会シンポジウム

  •  2017年09月07日 10:00

 「薬剤師とうまく連携していい医療を実践したい」と医師から発言のあった本シンポジウムのディスカッション。地域包括ケアで要となる多職種連携の中で、薬剤師に求められることとは。第一線を走るパネリストが課題と要望を語った。

第10回日本在宅薬学会学術大会
医療・介護・行政と薬剤師のかかわり~「あるべき論」から「実践」へ~
日時:2017年7月29日(土)~30日(日)
会場:パシフィコ横浜会議センター(横浜市西区)
主催:一般社団法人日本在宅薬学会

パネリスト
鈴木康裕 厚生労働省 医務技監
今村聡 公益社団法人日本医師会 副会長
山本信夫 公益社団法人日本薬剤師会 会長
今井博久 東京大学大学院医学系研究科 地域医薬システム学講座 教授

司会
近藤太郎 近藤医院 院長
狭間研至 一般社団法人日本在宅薬学会 理事長

zaitaku_touron.jpg

記事の続きやコメントを読むにはログインが必要です

ログイン

薬剤師・薬学生は無料会員登録へ

新規登録(無料)

「ファーマトリビューン」では、薬剤師・薬学生を対象に薬剤師業務に関わる様々な情報をお届けしています。

薬剤師の為の情報サイト
ファーマトリビューンへようこそ

  • 会員登録で全文お読みいただけます
  • ご利用は完全無料

会員登録(約1分で登録完了)