ザイティガ錠とザルティア錠の取り違えで注意喚起

  • 2017年10月02日公開
  • (2017年10月02日更新)

 10月2日、去勢抵抗性前立腺癌治療薬であるザイティガ®錠(アビラテロン酢酸エステル)(製造販売元 ヤンセンファーマ株式会社、プロモーション提携 アストラゼネカ株式会社、2014年9月薬価収載)と、前立腺肥大症に伴う排尿障害の治療薬であるザルティア®錠(タダラフィル)(製造販売元 日本イーライリリー株式会社、発売元 日本新薬株式会社、2014年4月薬価収載)の取り違いについて注意喚起が行われた。いずれも泌尿器科用薬であり、販売名が類似していることから、2014年9月から2017年7月末までに、処方オーダシステムにおける両薬剤の選択ミスや調剤時の薬剤取り違え事例が6件報告されているという。

 これらの薬剤を処方または調剤する際には、薬効及び販売名等を確認し、処方オーダシステムにおいて、薬剤マスターに登録されている薬剤表示名称・表示方法を変更・工夫し、ザイティガ®錠とザルティア®錠が間違って選択されないような対策を呼びかけている。

20171002news.JPG

ヤンセンファーマ株式会社、アストラゼネカ株式会社、日本イーライリリー株式会社、日本新薬株式会社による注意喚起はこちら

LINEで送る