産婦人科から薬剤師さんへ

ホルモンの不思議

  •  2017年10月11日 13:10

北海道大学病院 婦人科 小林範子

A子さんは、40歳代のピアノ教師。
外来へやってきたのは、前医への不信感からだった。
最近、A子さんは月経困難症(いわゆる月経痛)がつらく、
月経時には胃が痛くなるほど大量の鎮痛薬を服用していた。
通常の3倍ぐらいの量に相当する。
原因となる明らかな婦人科の疾患はなく、合併症もない。
ピルを試してみたが、続かなかった。
そして、前医でIUS(Intra Uterine System、子宮内避妊システム)、
いわゆる避妊リングであるミレーナ®を勧められたのだった。

ミレーナ®には黄体ホルモン(レボノルゲストレル)の
薬剤放出部が付加されており、
子宮内に黄体ホルモンが持続的に放出される。
黄体ホルモンが子宮内膜に直接作用し、
子宮内膜の増殖を抑えて子宮内膜が薄くなることで、
避妊効果だけではなく、月経量が減少する。
その結果、月経困難症や過多月経の症状が緩和し、
一度装着すると、最長で5年間効果が持続する。
費用対効果の高い治療法である。

記事の続きやコメントを読むにはログインが必要です

ログイン

薬剤師・薬学生は無料会員登録へ

新規登録(無料)

「ファーマトリビューン」では、薬剤師・薬学生を対象に薬剤師業務に関わる様々な情報をお届けしています。

薬剤師の為の情報サイト
ファーマトリビューンへようこそ

  • 会員登録で全文お読みいただけます
  • ご利用は完全無料

会員登録(約1分で登録完了)