新規登録

川崎病患者2015年に過去最多を記録

2015~16年の川崎病全国調査成績

2017年10月12日 14:00

 2015~16年の2年間における川崎病患者の実態を調査した「第24回川崎病全国調査」の成績が、日本川崎病研究センター川崎病全国調査担当グループで自治医科大学衛生学教室教授の中村好一氏らによって9月28日に公開された。同調査は1970年以降2年に1回行われてきたが、2015年の患者数は過去最高で1万6,323人、罹患率は大規模な流行が発生した1982年よりも高かった。

ファーマトリビューンウェブに登録すると記事全文を無料でお読みいただけます。

はじめての方

今すぐ登録(完全無料)

会員の方はこちら

ログイン
似たようなコンテンツ
「健康テレビ番組」先取り表(9/11~9/17)

「健康テレビ番組」先取り表(9/11~9/17) New!

薬剤・医療ニュース
2018年09月12日

子供の12人に1人が薬物相互作用リスク

子供の12人に1人が薬物相互作用リスク New!

薬剤・医療ニュース
2018年09月11日

医学部と他学部でHPVワクチンの認識に差

医学部と他学部でHPVワクチンの認識に差 New!

薬剤・医療ニュース
2018年09月11日

フェブキソスタットはアロプリノールに非劣性

フェブキソスタットはアロプリノールに非劣性 New!

薬剤・医療ニュース
2018年09月07日

フェブキソスタットに腎イベント抑制効果

フェブキソスタットに腎イベント抑制効果 New!

薬剤・医療ニュース
2018年09月07日

分娩直前の抗菌薬で赤ちゃんのビフィズス菌が減少

分娩直前の抗菌薬で赤ちゃんのビフィズス菌が減少

薬剤・医療ニュース
2018年09月05日

「健康テレビ番組」先取り表(9/4~9/10)

「健康テレビ番組」先取り表(9/4~9/10)

薬剤・医療ニュース
2018年09月05日

若年双極性障害の薬物療法

若年双極性障害の薬物療法

薬剤・医療ニュース
2018年09月03日

トップに戻る