"危険な飲酒"に声明ー米国臨床腫瘍学会

厚生労働省、日本感染症学会、製薬協国際委員会

  • 2017年11月21日公開
  • (2017年11月21日更新)

米国臨床腫瘍学会(ASCO)はアルコール摂取とがんに関するステートメントをJ Clin Oncol2017年11月7日オンライン版)で発表した。飲酒とがんの強い関連を示すエビデンスがあるにもかかわらず、これまでASCOはこの問題を取り上げてこなかった。今回のステートメントでは、飲酒とがんの関連を示すエビデンスを総括し、今後さらに研究が必要な点を指摘するとともに、がんの予防を目的とした"危険な飲酒"を抑制するための戦略を示している。

記事の続きやコメントを読むにはログインが必要です

ログインはこちら

薬剤師・薬学生は無料会員登録へ

新規登録(登録無料・所要時間約1分)

薬剤師・薬学生向けの情報サイト「ファーマトリビューン」では、薬剤師業務に関わる幅広い分野の情報を無料で提供しています。是非、ご登録ください。

会員登録いただくと全ての記事がご覧いただけます。

  • 会員登録・利用は全て無料
  • メールマガジンにて最新の情報をお届け(週1回)
  • 会員限定のキャンペーンに申し込めます

会員登録(所要時間:約1分)

LINEで送る