新規登録

【海外情報】米国でHPVワクチンにより集団免疫効果

2017年11月22日 10:00

 2006年に四価ヒトパピローマウイルス(HPV)ワクチンが導入された米国で、同ワクチン未接種の若年女性でもHPV感染率が低下する集団免疫効果が表れていることが分かった。米・University of TexasのグループがObstet Gynecol2017; 130: 693-701)に発表した。

ファーマトリビューンウェブに登録すると記事全文を無料でお読みいただけます。

はじめての方

今すぐ登録(完全無料)

会員の方はこちら

ログイン
似たようなコンテンツ
来春の花粉飛散、例年並みかやや多い見込み

来春の花粉飛散、例年並みかやや多い見込み New!

薬剤・医療ニュース
2018年10月16日

厚労省も見解、回収したARBの発がん性

厚労省も見解、回収したARBの発がん性 New!

薬剤・医療ニュース
2018年10月12日

悪性胸膜中皮腫に"新薬"ニボルマブ

悪性胸膜中皮腫に"新薬"ニボルマブ

薬剤・医療ニュース
2018年10月11日

遊んで鍛える!「かんたん脳トレ」アプリ発売

遊んで鍛える!「かんたん脳トレ」アプリ発売

薬剤・医療ニュース
2018年10月11日

最近の経口避妊薬でも卵巣がんリスク減

最近の経口避妊薬でも卵巣がんリスク減

薬剤・医療ニュース
2018年10月10日

ARBがマルファン症候群の大動脈拡張を抑制

ARBがマルファン症候群の大動脈拡張を抑制

薬剤・医療ニュース
2018年10月10日

「健康テレビ番組」先取り表(10/2~10/8)

「健康テレビ番組」先取り表(10/2~10/8)

薬剤・医療ニュース
2018年10月03日

紛れやすい成人期ADHDの捉え方

紛れやすい成人期ADHDの捉え方

薬剤・医療ニュース
2018年10月02日

トップに戻る