新規登録

調剤技術料引き下げの検討 医師はこう見た

2017年11月22日 14:45

 2017年11月16日、内閣官房行政改革推進本部による行政事業レビュー(秋のレビュー)にて、診療報酬(調剤技術料)についての検討が行われました。この検討会の内容について、弊社の医師向け情報サイト「Medical Tribune」に寄せられた医師会員からのコメントを紹介します。

【関連記事】調剤技術料 引き下げの余地あり

検討会まとめ

  • 現行の調剤技術料は価値が検証されていない、証拠に基づく調剤報酬の形態が求められている
  • かかりつけ薬剤師・薬局は現時点では少数派
  • 医科や歯科と比べ調剤の報酬が伸びていることから、実態を踏まえて、調剤技術料の引き下げの余地がある

【歳出改革WG】
石井 雅也(太陽有限責任監査法人 パートナー)
石堂 正信(公益財団法人交通協力会常務理事)
河村 小百合((株)日本総合研究所調査部上席主任研究員)
佐藤 主光(一橋大学国際・公共政策大学院教授)
【参考人】
伊藤 由希子(津田塾大学総合政策学部准教授

ファーマトリビューンウェブに登録すると記事全文を無料でお読みいただけます。

はじめての方

今すぐ登録(完全無料)

会員の方はこちら

ログイン
似たようなコンテンツ
成長するなら離島じゃない?―vol.1

成長するなら離島じゃない?―vol.1

インタビュー
2018年10月04日

9月前半の押さえておきたい健康情報

9月前半の押さえておきたい健康情報

薬剤師目線で考える 今月、世間を賑わした健康情報
2018年09月19日

医療職の免許には継続的な質の担保が必要!

医療職の免許には継続的な質の担保が必要!

インタビュー
2018年09月18日

電子化はかかりつけ機能を果たすチャンス。患者さん目線の工夫を!

電子化はかかりつけ機能を果たすチャンス。患者さん目線の工夫を!

インタビュー
2018年09月11日

医療費削減の決め手となるか!? 動き出す地域フォーミュラリー―前編

医療費削減の決め手となるか!? 動き出す地域フォーミュラリー―前編

行ってきました
2018年09月10日

医療費削減の決め手となるか!? 動き出す地域フォーミュラリー―後編

医療費削減の決め手となるか!? 動き出す地域フォーミュラリー―後編

行ってきました
2018年09月10日

医薬分業は医療の当たり前の姿。存続を問うことに意義があるのか。

医薬分業は医療の当たり前の姿。存続を問うことに意義があるのか。

インタビュー
2018年09月04日

個人輸入の経口中絶薬で多量出血や痙攣

個人輸入の経口中絶薬で多量出血や痙攣

薬剤・医療ニュース
2018年08月27日

トップに戻る