新規登録

意識消失発作の症例から学ぶ脈拍の異常2

2017年11月24日 08:46

今回は脈拍の異常を来した患者さん2例を紹介します。脈の乱れは「不整脈」といわれ、その不整脈が徐脈であっても頻脈であっても、患者さんの状態が「不安定」であるときに急を要します。徐脈や頻脈が認められた時、どのような点に気を付けて患者さんと接することがポイントになるでしょうか?症例を通してシミュレーションしていきましよう。

04_1_01.jpg

ファーマトリビューンウェブに登録すると記事全文を無料でお読みいただけます。

はじめての方

今すぐ登録(完全無料)

会員の方はこちら

ログイン
おすすめコンテンツ
心肺停止の症例から考えるバイタルサイン2

心肺停止の症例から考えるバイタルサイン2

バイタルサインを読む
2017年12月22日

心肺停止の症例から考えるバイタルサイン1

心肺停止の症例から考えるバイタルサイン1

バイタルサインを読む
2017年12月22日

救急外来に担ぎ込まれた外傷の症例2

救急外来に担ぎ込まれた外傷の症例2

バイタルサインを読む
2017年12月08日

救急外来に担ぎ込まれた外傷の症例1

救急外来に担ぎ込まれた外傷の症例1

バイタルサインを読む
2017年12月08日

意識消失発作の症例から学ぶ脈拍の異常1

意識消失発作の症例から学ぶ脈拍の異常1

バイタルサインを読む
2017年11月24日

意識の異常〜意識障害と意識消失発作-2

意識の異常〜意識障害と意識消失発作-2

バイタルサインを読む
2017年10月06日

意識の異常〜意識障害と意識消失発作ー1

意識の異常〜意識障害と意識消失発作ー1

バイタルサインを読む
2017年10月06日

トップに戻る