バイタルサインを読む

意識消失発作の症例から学ぶ脈拍の異常2

  • 2017年11月24日公開
  • (2017年12月07日更新)

今回は脈拍の異常を来した患者さん2例を紹介します。脈の乱れは「不整脈」といわれ、その不整脈が徐脈であっても頻脈であっても、患者さんの状態が「不安定」であるときに急を要します。徐脈や頻脈が認められた時、どのような点に気を付けて患者さんと接することがポイントになるでしょうか?症例を通してシミュレーションしていきましよう。

04_1_01.jpg

記事の続きやコメントを読むにはログインが必要です

ログインはこちら

薬剤師・薬学生は無料会員登録へ

新規登録(登録無料・所要時間約1分)

薬剤師・薬学生向けの情報サイト「ファーマトリビューン」では、薬剤師業務に関わる幅広い分野の情報を無料で提供しています。是非、ご登録ください。

会員登録いただくと全ての記事がご覧いただけます。

  • 会員登録・利用は全て無料
  • メールマガジンにて最新の情報をお届け(週1回)
  • 会員限定のキャンペーンに申し込めます

会員登録(所要時間:約1分)

LINEで送る