「楽観的」な糖尿病患者は残薬が多い

  • 2017年11月27日公開
  • (2017年11月27日更新)

 服薬アドヒアランスは治療の成否に大きな影響を及ぼすが、その良しあしは患者ごとに大きく異なり、その実態はつかみづらい。横浜市立大学分子内分泌・糖尿病内科学教室教授の寺内康夫氏は11月14日、日本イーライリリーが東京都で開いたプレスセミナーで、2型糖尿病患者の残薬に関する調査の結果を報告するとともに、糖尿病治療における服薬アドヒアランスの重要性について解説した。同調査では、自身の症状に楽観的な患者や多忙で症状の改善をあきらめている患者では、服薬アドヒアランスが不良になる傾向が示されたという。

1711065_face1[1].jpg

記事の続きやコメントを読むにはログインが必要です

ログインはこちら

薬剤師・薬学生は無料会員登録へ

新規登録(登録無料・所要時間約1分)

薬剤師・薬学生向けの情報サイト「ファーマトリビューン」では、薬剤師業務に関わる幅広い分野の情報を無料で提供しています。是非、ご登録ください。

会員登録いただくと全ての記事がご覧いただけます。

  • 会員登録・利用は全て無料
  • メールマガジンにて最新の情報をお届け(週1回)
  • 会員限定のキャンペーンに申し込めます

会員登録(所要時間:約1分)

LINEで送る