新規登録

「楽観的」な糖尿病患者は残薬が多い

2017年11月27日 08:30

 服薬アドヒアランスは治療の成否に大きな影響を及ぼすが、その良しあしは患者ごとに大きく異なり、その実態はつかみづらい。横浜市立大学分子内分泌・糖尿病内科学教室教授の寺内康夫氏は11月14日、日本イーライリリーが東京都で開いたプレスセミナーで、2型糖尿病患者の残薬に関する調査の結果を報告するとともに、糖尿病治療における服薬アドヒアランスの重要性について解説した。同調査では、自身の症状に楽観的な患者や多忙で症状の改善をあきらめている患者では、服薬アドヒアランスが不良になる傾向が示されたという。

1711065_face1[1].jpg

ファーマトリビューンウェブに登録すると記事全文を無料でお読みいただけます。

はじめての方

今すぐ登録(完全無料)

会員の方はこちら

ログイン
似たようなコンテンツ
来春の花粉飛散、例年並みかやや多い見込み

来春の花粉飛散、例年並みかやや多い見込み New!

薬剤・医療ニュース
2018年10月16日

厚労省も見解、回収したARBの発がん性

厚労省も見解、回収したARBの発がん性 New!

薬剤・医療ニュース
2018年10月12日

悪性胸膜中皮腫に"新薬"ニボルマブ

悪性胸膜中皮腫に"新薬"ニボルマブ

薬剤・医療ニュース
2018年10月11日

遊んで鍛える!「かんたん脳トレ」アプリ発売

遊んで鍛える!「かんたん脳トレ」アプリ発売

薬剤・医療ニュース
2018年10月11日

最近の経口避妊薬でも卵巣がんリスク減

最近の経口避妊薬でも卵巣がんリスク減

薬剤・医療ニュース
2018年10月10日

ARBがマルファン症候群の大動脈拡張を抑制

ARBがマルファン症候群の大動脈拡張を抑制

薬剤・医療ニュース
2018年10月10日

「健康テレビ番組」先取り表(10/2~10/8)

「健康テレビ番組」先取り表(10/2~10/8)

薬剤・医療ニュース
2018年10月03日

紛れやすい成人期ADHDの捉え方

紛れやすい成人期ADHDの捉え方

薬剤・医療ニュース
2018年10月02日

トップに戻る