新規登録

【海外情報】トラネキサム酸の迅速投与で出血死を回避

2件のランダム化比較試験のメタ解析

2017年11月29日 11:00

 英・London School of Hygiene and Tropical MedicineのAngèle Gayet-Ageron氏らは、外傷または分娩後の大出血に対するトラネキサム酸(TXA)の効果を検討した2件のランダム化比較試験(RCT)のメタ解析を実施。その結果、出血直後のTXA投与はプラセボ投与と比べて生存率を70%以上高めるが、投与が15分遅れるごとに生存率は10%ずつ低下し、3時間以降では効果がないことが判明したとLancet2017年11月7日オンライン版)で発表した。

ファーマトリビューンウェブに登録すると記事全文を無料でお読みいただけます。

はじめての方

今すぐ登録(完全無料)

会員の方はこちら

ログイン
似たようなコンテンツ
HPVワクチン接種によるものとされた"24症状"とHPVワクチン接種には関連性がない

HPVワクチン接種によるものとされた"24症状"とHPVワクチン接種には関連性がない

ジャーナルスキャン
2018年03月05日

世界の糖尿病4億2,500万人で過去最高

世界の糖尿病4億2,500万人で過去最高

ジャーナルスキャン
2017年11月29日

低用量アスピリン中止で心血管リスクが上昇

低用量アスピリン中止で心血管リスクが上昇

ジャーナルスキャン
2017年10月06日

貼るインフルワクチンの安全性確認

貼るインフルワクチンの安全性確認

薬剤・医療ニュース
2017年07月19日

慢性腰痛軽減効果、ヨガと理学療法で同等

慢性腰痛軽減効果、ヨガと理学療法で同等

ジャーナルスキャン
2017年07月12日

高用量ビタミンDに転倒・骨折予防効果なし

高用量ビタミンDに転倒・骨折予防効果なし

ジャーナルスキャン
2017年07月10日

CKDは早期でも感染症リスクが高い

CKDは早期でも感染症リスクが高い

ジャーナルスキャン
2017年07月07日

トップに戻る