世界の糖尿病4億2,500万人で過去最高

日本は高齢糖尿病が世界6位

  • 2017年11月29日公開
  • (2017年11月29日更新)

 「世界糖尿病デー」(11月14日)に合わせ、国際糖尿病連合(IDF)は世界の糖尿病に関するデータ「糖尿病アトラス第8版 2017(Diabetes Atlas 8th Edition 2017、以下アトラス)」を公表した。アトラスの発表は2000年に始まり、今回で8回目。それによると、2017年の世界の成人(20~79歳)糖尿病患者は4億2,500万人で、11人に1人の割合と推計された。前回の第7版(2015年)より1,000万人増加し、2000年以降は過去最高を更新し続けている。日本は、65歳以上の高齢糖尿病患者数が世界で6位、糖尿病に関連した医療費が5位にランクインした。さらに今回は、新たな章「糖尿病合併症」が追加され、心血管疾患や糖尿病網膜症などの糖尿病合併症の状況についてもまとめられた。

記事の続きやコメントを読むにはログインが必要です

ログインはこちら

薬剤師・薬学生は無料会員登録へ

新規登録(登録無料・所要時間約1分)

薬剤師・薬学生向けの情報サイト「ファーマトリビューン」では、薬剤師業務に関わる幅広い分野の情報を無料で提供しています。是非、ご登録ください。

会員登録いただくと全ての記事がご覧いただけます。

  • 会員登録・利用は全て無料
  • メールマガジンにて最新の情報をお届け(週1回)
  • 会員限定のキャンペーンに申し込めます

会員登録(所要時間:約1分)

LINEで送る