【海外情報】死亡者の半数超でフェンタニル陽性

米国のオピオイド過剰摂取

  • 2017年11月30日公開
  • (2017年11月30日更新)

 米国では、オピオイド鎮痛薬の過剰摂取による死亡の急増が大きな問題となっている。米疾病対策センター(CDC)のJulie K. O'Donnell氏らは、米国10州における昨年(2016年)下半期(7〜12月)のオピオイド過剰摂取による死亡者の半数以上で、フェンタニル(モルヒネの50〜100倍の強力な合成オピオイド)の陽性反応が示されたとMorb Mortal Wkly RepMMWR、2017: 66: 1197-1202)に発表した。

記事の続きやコメントを読むにはログインが必要です

ログインはこちら

薬剤師・薬学生は無料会員登録へ

新規登録(登録無料・所要時間約1分)

薬剤師・薬学生向けの情報サイト「ファーマトリビューン」では、薬剤師業務に関わる幅広い分野の情報を無料で提供しています。是非、ご登録ください。

会員登録いただくと全ての記事がご覧いただけます。

  • 会員登録・利用は全て無料
  • メールマガジンにて最新の情報をお届け(週1回)
  • 会員限定のキャンペーンに申し込めます

会員登録(所要時間:約1分)

LINEで送る