転移・再発乳がんに新たな治療薬

  • 2017年12月05日公開
  • (2017年12月05日更新)

 ファイザー株式会社は11月22日、転移・再発乳がん患者に対する新たな治療薬として、日本初の選択的サイクリン依存性キナーゼ(CDK)4/6阻害薬「イブランス」(一般名・パルボシクリブ)を発売した。この薬はホルモン療法薬との組み合わせにより、がん細胞の分裂・増殖がより強力に抑えられると考えられている。

記事の続きやコメントを読むにはログインが必要です

ログインはこちら

薬剤師・薬学生は無料会員登録へ

新規登録(登録無料・所要時間約1分)

薬剤師・薬学生向けの情報サイト「ファーマトリビューン」では、薬剤師業務に関わる幅広い分野の情報を無料で提供しています。是非、ご登録ください。

会員登録いただくと全ての記事がご覧いただけます。

  • 会員登録・利用は全て無料
  • メールマガジンにて最新の情報をお届け(週1回)
  • 会員限定のキャンペーンに申し込めます

会員登録(所要時間:約1分)

LINEで送る