期限切れでも薬剤師判断で投薬できる

フランスのリフィル事情

  • 2017年12月07日公開
  • (2017年12月08日更新)

国際医療福祉大学 薬学部
国際医療福祉大学大学院 薬学・薬科学研究科
山田 治美

 リフィル制度が法制化される以前から、1枚の処方箋で分割して薬を受け取る慣習があったというフランス。現在のリフィル処方箋の事情や薬剤師の業務内容や取り組みについて紹介します。

記事の続きやコメントを読むにはログインが必要です

ログインはこちら

薬剤師・薬学生は無料会員登録へ

新規登録(登録無料・所要時間約1分)

薬剤師・薬学生向けの情報サイト「ファーマトリビューン」では、薬剤師業務に関わる幅広い分野の情報を無料で提供しています。是非、ご登録ください。

会員登録いただくと全ての記事がご覧いただけます。

  • 会員登録・利用は全て無料
  • メールマガジンにて最新の情報をお届け(週1回)
  • 会員限定のキャンペーンに申し込めます

会員登録(所要時間:約1分)

LINEで送る