日本初の慢性便秘症診断ガイドラインが完成

慢性便秘の診断・治療研究会

  • 2017年12月07日公開
  • (2017年12月07日更新)

 わが国初となる「慢性便秘症診療ガイドライン」(以下、同GL)が今年(2017年)10月、日本消化器病学会関連研究会の慢性便秘の診断・治療研究会により刊行された。11月22日に東京都で開催されたメディアセミナー(マイランEPD主催)で、同GLの策定に加わった横浜市立大学大学院肝胆膵消化器病学教室主任教授の中島淳氏が「ガイドライン策定で変わる日本の慢性便秘症」をテーマに講演。「日本の便秘治療がガラパゴスから脱してグローバル基準となり、患者が適切な治療を受けられるよう願っている」と同GLへの期待を示した。

1711080_face1[1].jpg

記事の続きやコメントを読むにはログインが必要です

ログインはこちら

薬剤師・薬学生は無料会員登録へ

新規登録(登録無料・所要時間約1分)

薬剤師・薬学生向けの情報サイト「ファーマトリビューン」では、薬剤師業務に関わる幅広い分野の情報を無料で提供しています。是非、ご登録ください。

会員登録いただくと全ての記事がご覧いただけます。

  • 会員登録・利用は全て無料
  • メールマガジンにて最新の情報をお届け(週1回)
  • 会員限定のキャンペーンに申し込めます

会員登録(所要時間:約1分)

LINEで送る