新規登録

No.3 その電解質異常、 ほんとに化学療法の副作用?

2017年12月15日 16:45

京都大学医学部附属病院薬剤部
尾崎淳子

院外の薬局にはカルテがないため、情報源は処方せんとお薬手帳と患者さんからの言葉のみ。限られた情報で処方監査や服薬指導を行わざるをえませんでした。そのため、現在進みつつあるのが処方せんに臨床検査値を記載する取り組みです。この連載では、臨床検査値の読み解き方、活用の仕方をお伝えしていきます。

ファーマトリビューンウェブに登録すると記事全文を無料でお読みいただけます。

はじめての方

今すぐ登録(完全無料)

会員の方はこちら

ログイン
おすすめコンテンツ
No.4 検査値で分かる 減量・中止基準、 相互作用に注意!

No.4 検査値で分かる 減量・中止基準、 相互作用に注意!

実践!処方せんに記載された臨床検査値を読み解く
2018年02月23日

No.2  え?eGFR 60.7って、問題アリですか?

No.2 え?eGFR 60.7って、問題アリですか?

実践!処方せんに記載された臨床検査値を読み解く
2017年11月16日

No.1  薬歴+αの情報として検査値を活用しよう!

No.1 薬歴+αの情報として検査値を活用しよう!

実践!処方せんに記載された臨床検査値を読み解く
2017年10月19日

トップに戻る