新規登録

血中カフェイン濃度でパーキンソン病を診断

2018年01月09日 14:45

順天堂大学の研究グループは、血清中のカフェインとカフェイン代謝産物9種類がパーキンソン病を診断するバイオマーカーとして有望であることをNeurology2018年1月4日オンライン版)に報告した。コーヒーの摂取がパーキンソン病の予防に役立つことからヒントを得て、パーキンソン病患者でのカフェイン代謝のメカニズムを研究した結果、早期診断に役立つ可能性のあることが分かった。現在パーキンソン病の診断は運動障害などを基に行っており、早期に診断できるバイオマーカーが実用化されれば、早期治療や予防が可能になる。

ファーマトリビューンウェブに登録すると記事全文を無料でお読みいただけます。

はじめての方

今すぐ登録(完全無料)

会員の方はこちら

ログイン
似たようなコンテンツ
流行するグルテンフリー食の失墜

流行するグルテンフリー食の失墜

ドクターズアイ
2018年09月20日

レビー小体型認知症GL、大幅改訂の中身

レビー小体型認知症GL、大幅改訂の中身

薬剤・医療ニュース
2018年08月31日

5月のアクセスランキング

5月のアクセスランキング

薬剤・医療ニュース
2018年06月04日

小児気管支喘息治療・ 管理ガイドライン-3 ガイドライン改訂のポイント

小児気管支喘息治療・ 管理ガイドライン-3 ガイドライン改訂のポイント

高齢者糖尿病
2018年05月15日

小児気管支喘息治療・ 管理ガイドライン-2 症例

小児気管支喘息治療・ 管理ガイドライン-2 症例

高齢者糖尿病
2018年05月15日

小児気管支喘息治療・ 管理ガイドライン-1 特徴

小児気管支喘息治療・ 管理ガイドライン-1 特徴

連載・コラム
2018年05月15日

薬局の自己測定スペースが医療費を削減

薬局の自己測定スペースが医療費を削減

薬剤・医療ニュース
2018年05月09日

3月のアクセスランキング

3月のアクセスランキング

薬剤・医療ニュース
2018年04月04日

トップに戻る