血中カフェイン濃度でパーキンソン病を診断

  •  2018年01月09日 14:45

順天堂大学の研究グループは、血清中のカフェインとカフェイン代謝産物9種類がパーキンソン病を診断するバイオマーカーとして有望であることをNeurology2018年1月4日オンライン版)に報告した。コーヒーの摂取がパーキンソン病の予防に役立つことからヒントを得て、パーキンソン病患者でのカフェイン代謝のメカニズムを研究した結果、早期診断に役立つ可能性のあることが分かった。現在パーキンソン病の診断は運動障害などを基に行っており、早期に診断できるバイオマーカーが実用化されれば、早期治療や予防が可能になる。

記事の続きやコメントを読むにはログインが必要です

ログイン

薬剤師・薬学生は無料会員登録へ

新規登録(無料)

「ファーマトリビューン」では、薬剤師・薬学生を対象に薬剤師業務に関わる様々な情報をお届けしています。

薬剤師の為の情報サイト
ファーマトリビューンへようこそ

  • 会員登録で全文お読みいただけます
  • ご利用は完全無料

会員登録(約1分で登録完了)