新規登録

デキる薬剤師はコレを見る!小児領域における医薬品情報の集め方-虎の巻

2018年01月12日 09:00

 「小児医療に苦手意識を持つ薬剤師は少なくない」と日本医療薬学会(2017年11月3日、幕張メッセ)での小児のシンポジウムで語った東京大学医学部附属病院 薬剤部 清水啓道氏。

 苦手意識を生じさせる原因として、適応外処方が多いことに触れ、適応外使用を減らすための取り組みとして公知申請を紹介。公知申請でタミフル®の新生児・乳児への適応が追加されたことを挙げ、「医療上の必要性の高い未承認薬・適応外薬検討会議」での検討により、小児の適応外使用は解消される方向にあると述べた。

 とはいえ、現実には適応外使用されるケースは多々あり、どこまでがエビデンスのある適応外使用なのか、副作用は大人と異なるのか、新生児の生理機能や薬物動態は他の年代とどう異なるのか、など小児特有の疑問に頭を悩ませる薬剤師は多いだろう。こういった悩みを解決に結びつける手段として、小児に関する医薬品情報収集に有用なウェブサイトや書籍を、日本語・英語、有料・無料の軸で分類して紹介した。

ファーマトリビューンウェブに登録すると記事全文を無料でお読みいただけます。

はじめての方

今すぐ登録(完全無料)

会員の方はこちら

ログイン
似たようなコンテンツ
医療費削減の決め手となるか!? 動き出す地域フォーミュラリー―前編

医療費削減の決め手となるか!? 動き出す地域フォーミュラリー―前編

行ってきました
2018年09月10日

医療費削減の決め手となるか!? 動き出す地域フォーミュラリー―後編

医療費削減の決め手となるか!? 動き出す地域フォーミュラリー―後編

行ってきました
2018年09月10日

膨らむ薬剤費、削減の鍵は食事指導や処方調整

膨らむ薬剤費、削減の鍵は食事指導や処方調整

行ってきました
2018年07月30日

増え続ける梅毒 妊婦感染の現状

増え続ける梅毒 妊婦感染の現状

行ってきました
2018年07月12日

薬剤師が女性の味方になるために ―ホルモンや避妊の正しい知識を身に付けよう―

薬剤師が女性の味方になるために ―ホルモンや避妊の正しい知識を身に付けよう―

行ってきました
2018年07月11日

高齢者の低栄養の弊害を正しく伝える工夫

高齢者の低栄養の弊害を正しく伝える工夫

行ってきました
2018年07月10日

結節性硬化症の皮膚症状に世界初の治療薬

結節性硬化症の皮膚症状に世界初の治療薬

行ってきました
2018年07月06日

生物学的製剤がもたらした成果と今後の課題

生物学的製剤がもたらした成果と今後の課題

行ってきました
2018年06月29日

トップに戻る