新規登録

薬剤師の在宅対応を評価

2018年02月07日 11:30

 2018年2月7日、中央社会保険医療協議会(中医協)は、診療報酬の改定案を答申し、在宅患者訪問薬剤管理指導料について、居住場所に応じたきめ細かな評価を実施するという。また、かかりつけ薬剤師による在宅対応を推進するため、無菌製剤室の共同利用などの評価を見直す。

ファーマトリビューンウェブに登録すると記事全文を無料でお読みいただけます。

はじめての方

今すぐ登録(完全無料)

会員の方はこちら

ログイン
トップに戻る