新規登録

ヘパリンナトリウム、ヘパリン類似物質の処方に係る要件の見直し

2018年02月07日 15:00

 2018年2月7日、中央社会保険医療協議会(中医協)は、診療報酬の改定案を答申し、疾病の改善の目的外で、一度に多量に処方される血行促進・皮膚保湿剤(ヘパリンナトリウム、ヘパリン類似物質)が一定程度あり、適正使用が求められていることを踏まえ、保険給付適正化の観点から、以下のような見直しを行うという。

ファーマトリビューンウェブに登録すると記事全文を無料でお読みいただけます。

はじめての方

今すぐ登録(完全無料)

会員の方はこちら

ログイン
トップに戻る