新規登録

"患者の利益"と今後の薬局の方向性を考える

患者のための薬局とは 藤垣哲彦氏インタビュー

2018年02月13日 08:00

 相次ぐ敷地内薬局誘致の流れを端緒に、大阪府薬剤師会会長の藤垣哲彦氏に「患者のための薬局とは何か」を聞いたPharmaTribune 2月号インタビュー。誌面には盛り込めなかった話題を以下に紹介します。

02_PT101_p10_インタビュー.jpg
"患者さんや地域住民の利益のために、何をするか、何ができるか"

藤垣哲彦 氏 大阪府薬剤師会会長

  • リフィル処方、OTCへのスイッチ化...実現に向けた議論を
  • 在庫を基準に薬局選択...少しだけ待つ判断ができるかどうか
  • 医療と日常の橋渡しが薬局薬剤師の役割
  • 薬局薬剤師はアウトカムの確認・評価がしやすいところにいる
  • 健康サポート薬局、昔の薬局への回帰か新たな薬局の姿か

ファーマトリビューンウェブに登録すると記事全文を無料でお読みいただけます。

はじめての方

今すぐ登録(完全無料)

会員の方はこちら

ログイン
似たようなコンテンツ
【インタビュー】門内薬局がダメなら門前薬局もやめるべきか?

【インタビュー】門内薬局がダメなら門前薬局もやめるべきか? New!

インタビュー
2018年11月15日

処方権も調剤権もない!権利を持つのは患者だけ

処方権も調剤権もない!権利を持つのは患者だけ

インタビュー
2018年11月08日

成長するなら離島じゃない?―vol.3

成長するなら離島じゃない?―vol.3

インタビュー
2018年11月05日

患者としてどう医薬分業を理解していくか

患者としてどう医薬分業を理解していくか

インタビュー
2018年11月02日

川田龍平氏インタビュー/患者が望むのは、連携が充実して相談しやすい医療

川田龍平氏インタビュー/患者が望むのは、連携が充実して相談しやすい医療

インタビュー
2018年11月01日

シリーズ◆医薬分業は限界なのか!?

シリーズ◆医薬分業は限界なのか!?

インタビュー
2018年11月01日

進路は想定通りにいかない。動きながら改善を

進路は想定通りにいかない。動きながら改善を

インタビュー
2018年10月31日

成長するなら離島じゃない?―vol.2

成長するなら離島じゃない?―vol.2

インタビュー
2018年10月18日

トップに戻る