インタビュー

"患者の利益"と今後の薬局の方向性を考える

患者のための薬局とは 藤垣哲彦氏インタビュー

  •  2018年02月13日 08:00

 相次ぐ敷地内薬局誘致の流れを端緒に、大阪府薬剤師会会長の藤垣哲彦氏に「患者のための薬局とは何か」を聞いたPharmaTribune 2月号インタビュー。誌面には盛り込めなかった話題を以下に紹介します。

02_PT101_p10_インタビュー.jpg
"患者さんや地域住民の利益のために、何をするか、何ができるか"

藤垣哲彦 氏 大阪府薬剤師会会長

  • リフィル処方、OTCへのスイッチ化...実現に向けた議論を
  • 在庫を基準に薬局選択...少しだけ待つ判断ができるかどうか
  • 医療と日常の橋渡しが薬局薬剤師の役割
  • 薬局薬剤師はアウトカムの確認・評価がしやすいところにいる
  • 健康サポート薬局、昔の薬局への回帰か新たな薬局の姿か

記事の続きやコメントを読むにはログインが必要です

ログイン

薬剤師・薬学生は無料会員登録へ

新規登録(無料)

「ファーマトリビューン」では、薬剤師・薬学生を対象に薬剤師業務に関わる様々な情報をお届けしています。

薬剤師の為の情報サイト
ファーマトリビューンへようこそ

  • 会員登録で全文お読みいただけます
  • ご利用は完全無料

会員登録(約1分で登録完了)