卸のお金は どこへ消えた?−01 

薬局に選ばれたい

  •  2018年02月27日 10:00

薬剤師の皆さんにとって、薬の在庫問題は悩みのタネですか?

ある町の小さな薬局の経営者に訊ねたところ、「そりゃーもう!常に頭を悩ます問題ですよ。大変なことです」と、口角泡を飛ばすような返事が返ってきました。厳しい薬局経営のなか、なるべく無駄な在庫は減らしたいところ。この経営者に賛同される方も多いのでは。

さて、そんな薬局を助けてくれるのが、医薬品卸。電話一本で素早く薬を届けてくれて、薬局の在庫負担を軽減してくれます。しかしそんな医薬品卸が、経営不振に見舞われていたことをご存じでしょうか。その原因の一端は薬局・病院にあるといわれています。いつもニコニコ顔で薬局に来てくれる配送担当者やMS(marketing specialist:医薬品卸販売担当者)。しかし笑顔の裏には、薬剤師にはいえない本音があります

記事の続きやコメントを読むにはログインが必要です

ログイン

薬剤師・薬学生は無料会員登録へ

新規登録(無料)

「ファーマトリビューン」では、薬剤師・薬学生を対象に薬剤師業務に関わる様々な情報をお届けしています。

薬剤師の為の情報サイト
ファーマトリビューンへようこそ

  • 会員登録で全文お読みいただけます
  • ご利用は完全無料

会員登録(約1分で登録完了)

1 2 3