ドクターズアイ

吸入薬の副作用は開始1カ月後に注意! 

  •  2018年03月06日 09:33

国立病院機構近畿中央胸部疾患センター内科
倉原 優

研究の背景:吸入薬の循環器系リスクは正しく評価されてこなかった

 慢性閉塞性肺疾患(COPD)に対する吸入長時間作用性気管支拡張薬には、抗コリン薬(LAMA)とβ2刺激薬(LABA)の2種類がある。LAMAは尿閉や緑内障に悪影響を与え、LABAは循環器系に悪影響を与えることが懸念されるが、臨床的にほとんど悪影響はなく安全に使用できると考えられている。その理由は、吸入薬という剤形にある。肺に薬効成分が入ったとしても、全身性の影響がほとんど問題ないレベルとされているからだ(呼吸器内科以外では吸入薬が活躍できる素地は少ない。呼吸器内科以外で期待されているのは吸入インスリンであろうか)。

 しかし、吸入薬は安全だという結論は過去のあまたの臨床試験の結果に基づくもので、その多くは試験期間が26~52週間と長く、吸入薬を開始した直後に起こる有害事象についての評価はなされていないのが実状である。また、循環器系疾患の既往があるハイリスク患者は大規模臨床試験から軒並み除外されており、そもそもの想定イベント数が少なく検出力が低いというデメリットから、実臨床におけるインパクトは不明のままだった。

 吸入薬の分野では、過去にチオトロピウム製剤が死亡リスクを上昇させるのではないかという懸念が生じた歴史があり(BMJ 2011;342:d3215」、Thorax 2013;68:48-56)、なんとなく循環器系疾患に対してナーバスな医師が多いように思う。ただしこれについては、後日否定的な研究(TIOSPIR試験)が出ている(N Engl J Med 2013;369:1491-1501)。

 今回は、吸入薬の循環器系に対するリスクを検討した、台湾のほとんどの住民を包括する健康保険データベースを用いた症例対照研究を紹介したい(JAMA Intern Med 2018年1月2日オンライン版)。

記事の続きやコメントを読むにはログインが必要です

ログイン

薬剤師・薬学生は無料会員登録へ

新規登録(無料)

「ファーマトリビューン」では、薬剤師・薬学生を対象に薬剤師業務に関わる様々な情報をお届けしています。

薬剤師の為の情報サイト
ファーマトリビューンへようこそ

  • 会員登録で全文お読みいただけます
  • ご利用は完全無料

会員登録(約1分で登録完了)