新規登録

DRiFOsを活用して医薬品の副作用傾向をつかむ

2018年03月06日 10:15

 医薬品リスクマネジメントシステムDRiFOs(ドリフォス)は、PMDA(独立行政法人医薬品医療機器総合機構)ホームページで公開されている「医薬品副作用データベース」を基に、類似薬間での比較など、さまざまな条件を組み合わせて医薬品の副作用情報を検索できるシステムだ。

 東海大学医学部付属病院では、このDRiFOsを利用している。同病院薬剤部薬剤科の岸川悦子氏によると、DI業務や病棟薬剤業務などで、DRiFOsを1週間に2~3回程度の頻度で利用しているという。どのようなときに利用したのか、実際のケースを教えてもらった。

ファーマトリビューンウェブに登録すると記事全文を無料でお読みいただけます。

はじめての方

今すぐ登録(完全無料)

会員の方はこちら

ログイン
似たようなコンテンツ
「安心できるニセモノ」介護の一手に

「安心できるニセモノ」介護の一手に

お役立ちツール
2016年12月02日

科学×おいしさ「とろみ」つき即席みそ汁

科学×おいしさ「とろみ」つき即席みそ汁

お役立ちツール
2016年12月01日

東邦HD、自動音声認識と電子薬歴を一体にした新システムを発売

東邦HD、自動音声認識と電子薬歴を一体にした新システムを発売

お役立ちツール
2016年08月15日

薬局におけるプライバシー保護の取り組み

薬局におけるプライバシー保護の取り組み

お役立ちツール
2016年05月31日

トップに戻る