行ってきました

カナダ・アルバータ州で、薬剤師が処方できるようになった経緯

  •  2018年03月13日 10:15

薬剤師が薬や検査を処方することが可能で、医師や住民から信頼を得ているというカナダのアルバータ州。University of AlbertaからRoss T. Tsuyuki氏と岡田浩氏(ともに薬剤師)が来日した。「薬剤師にとっての障壁は、薬剤師自身だ」と述べる両氏が、日本で薬剤師の有用性を示すために必要なエビデンスの構築について講演した。

日時:2018年2月9日(金)14:00~16:00
講演Ross T. Tsuyuki氏(University of Alberta)、岡田浩氏(University of Alberta EPICORE Centre、京都医療センター臨床研究センター予防医学研究室、京都大学大学院医学研究科社会健康医学系健康情報学)
会場:株式会社ファーコス

tuyuki_okada.jpgRoss T. Tsuyuki氏(左)と岡田浩氏(右)

処方できるようになった後も、エビデンスを構築してきたアルバータ州の薬剤師

州によって差はあるものの、カナダの薬剤師は処方内容の変更やワクチン接種の実施、臨床検査のオーダーなどが可能だ。カナダでは1998年に深刻な医師不足が問題となり、アクセスの良い薬局・薬剤師が、医師の代役を務めると手を挙げたことがきっかけとなった。

その後、徐々に制度改正の準備や薬剤師の教育などを進め、10年後の2008年、アルバータ州で医師から独立して、薬剤師が薬剤の処方をできるようになった。現在同州では、薬学部のカリキュラムに処方設計が組み込まれており、1年以上の実務経験がある薬剤師は、申請すれば薬剤の処方が認められるシステムになっている。認定された薬剤師は、患者のアセスメント後に特定分野以外全ての薬物が処方可能で、処方内容に対する法的責任を負うことになっている。

薬剤師の処方に対する反発は、カナダでも開始時には一部の医師で見られたという。しかし、薬剤師が処方を行うことによる有用性についてエビデンスを積み重ねることで、最終的には患者や医師から受け入れられてきた。何より、患者が薬剤師による薬剤の処方を支持したことが大きな成功の要因となった。

記事の続きやコメントを読むにはログインが必要です

ログイン

薬剤師・薬学生は無料会員登録へ

新規登録(無料)

「ファーマトリビューン」では、薬剤師・薬学生を対象に薬剤師業務に関わる様々な情報をお届けしています。

薬剤師の為の情報サイト
ファーマトリビューンへようこそ

  • 会員登録で全文お読みいただけます
  • ご利用は完全無料

会員登録(約1分で登録完了)