アスリートを支える薬剤師になろう

「アスリートは使ってはいけない! 」

そのクスリ、禁止薬です!

  •  2018年03月20日 08:00

 近年、市民やジュニア選手が出場するスポーツ大会でも導入されるようになったドーピング検査。アンチ・ドーピングの知識はオリンピック選手に限らず、全てのアスリートにとって必須のものになっています。スポーツファーマシストではないけれどアスリートの役に立ちたいと考える薬剤師T子を中心に、実務で押さえておきたいアンチ・ドーピングに関する情報をお伝えします。

登場人物.PNG

今回学ぶこと

  1. 国際基準の禁止表を理解しよう

  2. 禁止される期間により2つに分類される

  3. ベータ遮断薬(P1)は特定の競技においてのみ禁止

  4. 禁止表に掲載のない類似物質に注意!

国際基準の禁止表を理解しよう

S男.PNG

禁止物質は、「禁止表国際基準」で確認できる。この禁止表の読み方を理解したあと、禁止物質のポイントを学んで行こう。

禁止表は「常に禁止される物質と方法(競技会検査および競技外検査)」「競技会検査で 1 に加えて禁止される物質」「特定競技で禁止される物質」の3つに分類されているよ。

2018年禁止表国際基準

常に禁止される物質と方法
[競技会(時)および競技会外]

【禁止物質】
S0. 無承認物質
S1. 蛋白同化薬
S2. ペプチドホルモン、成長因子、関連物質、および模倣物質
S3. ベータ2作用薬
S4. ホルモン調節薬および代謝調節薬(1. 2. 3. 4. 5.)
S5. 利尿薬および隠蔽薬
[禁止方法]
M1. 血液および血液成分の操作
M2. 化学的および物理的操作
M3. 遺伝子ドーピング

競技会(時)に禁止される物質と方法
[禁止物質]
S6. 興奮薬 a. 特定物質でない興奮薬
      b. 特定物質である興奮薬
S7. 麻薬
S8. カンナビノイド
S9. 糖質コルチコイド

特定競技において禁止される物質
P1. ベータ遮断薬

S: Substance(物質) 、M: Method(方法)、P: Particular(特定競技)

特定物質(青字で記載):医薬品として広く市販されるなど不注意でドーピング違反を起こしやすい、あるいは比較的濫用されることが少ない薬としてWADAにより指定された物質のこと。競技力向上を目的としたものでないことを競技者が証明できれば、制裁措置は軽減されることがある。

記事の続きやコメントを読むにはログインが必要です

ログイン

薬剤師・薬学生は無料会員登録へ

新規登録(無料)

「ファーマトリビューン」では、薬剤師・薬学生を対象に薬剤師業務に関わる様々な情報をお届けしています。

薬剤師の為の情報サイト
ファーマトリビューンへようこそ

  • 会員登録で全文お読みいただけます
  • ご利用は完全無料

会員登録(約1分で登録完了)