3月のアクセスランキング

  •  2018年04月04日 08:00
ランキングクマ.png

2018年3月にPharmaTribuneウェブでアクセスが多かった記事top10を紹介します。
(集計期間:2018年3月1日~31日)

記事タイトルと一緒に、編集部がTwitterで発信した各記事の"あおり文句"も紹介します!

253982.png

第1位 【処方箋様式を追加】分割調剤・残薬調整の疑義照会に係る取り扱い

ranking_PT.png薬価改定、実施は4月1日からです。既に話題になっているようですが、なかなかスゴイことになっています。制度も随分複雑になりました・・・

第2位 HbA1c管理目標に関する衝撃の声明 7%以上8%未満に!―米国内科学会

ranking_PT.png「生活習慣病のガイドはしょっちゅう変わるイメージ。エビデンスって何?」といったコメントが寄せられました。 【HbA1c管理目標に関する衝撃の声明 7%以上8%未満に!―米国内科学会】

第3位 2018年度薬価基準改定を告示

ranking_PT.png薬価改定、実施は4月1日からです。既に話題になっているようですが、なかなかスゴイことになっています。制度も随分複雑になりました・・・

第4位 カナダ・アルバータ州で、薬剤師が処方できるようになった経緯

ranking_PT.png編集部として全ての薬剤師、薬学生に「最後まで」読んでいただきたいです。力強いメッセージに加え、薬剤師の有用性のエビデンス構築についても述べられています。

第5位 医療機関における後発医薬品使用体制加算を見直しへ

ranking_PT.png薬価改定、実施は4月1日からです。既に話題になっているようですが、なかなかスゴイことになっています。制度も随分複雑になりました・・・

第6位 吸入薬の副作用は開始1カ月後に注意!

ranking_PT.png医師が最新論文を解説!倉原優先生が、吸入薬の循環器系に対するリスクを検討した、台湾のほとんどの住民を包括する健康保険データベースを用いた症例対照研究を紹介してくださいました。

第7位 No.4 検査値で分かる 減量・中止基準、 相互作用に注意! | 実践!処方せんに記載された臨床検査値を読み解く

ranking_PT.pngがんの治療は、外来化学療法が主流になってきた昨今。マンガ付きで読みやすいので、ぜひご覧ください

第8位 厚生局と薬剤師の関係 | 大学で教えてくれない医療制度

ranking_PT.png「あなたの薬局を指導します!」「監査します!」と言われたら...たじたじしてしまいそうではないですか?まずは、"敵"を知るところから。薬局の指導や監査をする厚生局について、解説します!

第9位 医薬品副作用被害救済制度による救済は受けられる?受けられない? | PT探偵局

ranking_PT.png「零売では副作用救済を受けることができるのか」という質問をいただきました。PMDAに伺ってみると・・・

第10位 平昌カーリング メダル返上理由のメルドニウムって? | アスリートを支える薬剤師になろう

ranking_PT.png平昌オリンピックでも何度か報道されたドーピング問題。ロシア男子がカーリング銅メダルを返上する原因となったメルドニウム...実は過去にはテニスのシャラポワ選手も使用が報道されていました。海外で使用されているこの薬。ご存じですか?

ランキングくま.png