行ってきました

この服薬指導はAIにはできない

国際薬剤師・薬学連合社会管理薬学部門主催 無料webセミナー「エビデンスに基づく実践」を受講して

  •  2018年04月05日 10:00

【国際薬剤師・薬学連合 社会管理薬学部門主催 無料ウェブセミナー】
FIP-Social and Administrative Pharmacy Section(SAPS) Webinar
日時:2018年1月25日
演者:Timothy F Chen(FIP-SAPSプレジデント、シドニー大学教授)、熊本拓也(広島大学教授)、串田一樹(昭和薬科大学特任教授)、岡田浩(FIP-SAPS執行委員、アルバータ大学博士研究員)、藤田健二(シドニー大学博士課程後期)
レポーター:アサヒ薬局 山崎 麻利子 さん

今回私は、国際薬剤師・薬学連合社会管理薬学部門主催の無料ウェブセミナー「エビデンスに基づく実践」を聴講した。

セミナーで学んだ・感じたこと

  1. FIPは、世界の薬学がどうあるべきかを議論する国際的な組織である。
  2. 薬剤師の積極的な服薬指導が、糖尿病や高血圧といった生活習慣病のアウトカムの改善につながる。
  3. 私も薬剤師であるかぎり、心を込めて、患者への介入を行っていきたい。

特に、項目2、3を実務に照らし合わせてみると、薬剤師には、AIには行えない服薬指導ができることが分かり、薬剤師が介入する意義を改めて感じた。

セミナーの概要と、最も印象的であった項目を記したいと思う。

1時間のセミナーのうち、前半30分はFIP(国際薬学連合)とは?と題してTimothy F Chen氏が講演し、組織の目的、具体的な活動を紹介した。後半30分は、岡田浩氏が登壇し、エビデンスに基づく実践(Evidence Based Practice/EBP)の解説や、薬局の介入研究(薬局薬剤師の生活習慣改善支援による血圧改善効果の検証、血糖値改善効果の検証)について、具体的なデータを示しつつ、解説した。

記事の続きやコメントを読むにはログインが必要です

ログイン

薬剤師・薬学生は無料会員登録へ

新規登録(無料)

「ファーマトリビューン」では、薬剤師・薬学生を対象に薬剤師業務に関わる様々な情報をお届けしています。

薬剤師の為の情報サイト
ファーマトリビューンへようこそ

  • 会員登録で全文お読みいただけます
  • ご利用は完全無料

会員登録(約1分で登録完了)