第六回 報酬改定の解説2

~後発品加算対物は引き下げ、対人は引き上げ~

  •  2018年04月05日 10:00

株式会社日本M&Aセンター
業界再編部 調剤薬局業界担当
山本夢人

前回解説をした調剤基本料、地域支援体制加算に続いて、後発医薬品調剤体制加算について紹介する。

後発品加算についても従来の加算1、加算2については用件が厳しくなり、特に後発割合が高い薬局には加点(後発品割合85%以上の場合26点)があり、減算(後発品割合20%以下の場合は2点減点)も新設された。

記事の続きやコメントを読むにはログインが必要です

ログイン

薬剤師・薬学生は無料会員登録へ

新規登録(無料)

「ファーマトリビューン」では、薬剤師・薬学生を対象に薬剤師業務に関わる様々な情報をお届けしています。

薬剤師の為の情報サイト
ファーマトリビューンへようこそ

  • 会員登録で全文お読みいただけます
  • ご利用は完全無料

会員登録(約1分で登録完了)