行ってきました

「この街で生き、そして逝く」を支える

薬剤師、市民団体の立場から在宅NSTを考える

  •  2018年04月12日 18:30

 在宅医療とは地域に患者を戻すことである。ところが地域には、病院のような至れり尽くせりの機能はない。認知症者を含む超高齢世帯や独居世帯の増加は、食事や買い物、通院などの患者の日常を誰が支えるのかという問題を提起した。栄養サポートもその1つだ。

 第33回日本静脈経腸栄養学会(2月22〜23日)のシンポジウム「病院NSTから在宅・地域連携NSTへ」から、株式会社ヤナセ薬局在宅医療部(豊田市)の柴田賢三氏、一般社団法人みんなの健康サロン海凪(みなぎ)(輪島市)代表理事の中村悦子氏の講演を紹介する。柴田氏は、多くの場合、管理栄養士のいない在宅チームで薬局薬剤師が栄養サポートを担う経験を報告。看護師でありNST専門療法士でもある中村氏は、市民間の共助のプラットフォームになる組織づくりの現状を説明した。

keichou.JPG

記事の続きやコメントを読むにはログインが必要です

ログイン

薬剤師・薬学生は無料会員登録へ

新規登録(無料)

「ファーマトリビューン」では、薬剤師・薬学生を対象に薬剤師業務に関わる様々な情報をお届けしています。

薬剤師の為の情報サイト
ファーマトリビューンへようこそ

  • 会員登録で全文お読みいただけます
  • ご利用は完全無料

会員登録(約1分で登録完了)