新規登録

4月前半の押さえておきたい健康情報

2018年04月17日 10:00

4月1日~15日に各メディアで配信された健康情報のうち、「コレは押さえておきたい!」と考えたものを、独断と偏見でリストアップします。患者さんからの突然の質問に困らないよう、情報収集の一手として役立てていただけると幸いです。

こうすればクスリ代を節約できる!薬局・ドラッグストア 絶対「得する裏ワザ」

https://mainichi.jp/sunday/articles/20180410/org/00m/200/001000d

毎日新聞 4月11日

薬局で支払う費用の節約術としては、これまで薬剤情報提供書やお薬手帳、薬剤師の説明を断るといった、薬の安全・適正使用を無視したものが多く紹介されてきましたが、この記事では調剤技術料・薬学管理料・薬剤料の違いから、後発医薬品の使用促進のための「分割調剤」まで、調剤報酬の仕組みと、その上手な利用方法が丁寧に解説されています。

「胎盤食」に注意喚起 エビデンスなく健康被害も

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180414-00010000-kenkoshin-ind

Yahoo!ニュース 4月14日
※該当記事は削除されています

Yahoo!ニュースや、配信元の健康産業新聞から記事は削除されていますが、「胎盤食」いわゆる「プラセンタ」についてはこれまでの研究で有益な効果は報告されておらず、むしろ母子の感染症リスクになることから、米国疾病予防管理センター(CDC)などが注意を呼び掛けているという内容でした。

こうした衛生上問題のあるサプリメントは摂取しないよう、周知していく必要があります。

⇒国立感染症研究所も従来から注意喚起しています
https://www.niid.go.jp/niid/ja/group-a-streptococcus-m/group-a-streptococcus-iasrf/7615-452f01.html

軽いかぜは患者の自己負担上乗せ 医療費など抑制へ提案

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180411/k10011399291000.html

NHK 4月11日

かぜなど、比較的軽い症状で診察を受ける場合、自己負担を引き上げようとの提案が財務省から出されたというニュースですが、「軽いかぜ」かどうかの鑑別は、非常に難しいものです。

患者の自己判断に委ねてしまっては、厄介な病気の予兆を見逃して重症化や感染症の蔓延といった事態を招く恐れもあり、かえって医療費も増えかねません。

セルフメディケーションの重要性は増してきていますが、そこには適切な薬の選択やトリアージ、公衆衛生の向上など、薬剤師の貢献が不可欠です。

最先端の医学では「白米は体に悪い」が常識だ

https://toyokeizai.net/articles/-/215982

東洋経済ONLINE 4月15日

白米の摂取量と糖尿病リスクには相関があるのは事実です。しかし、大事なのはその事実から、患者の価値観も踏まえ、その生活や治療をどう向上させていくかを考えることです。

医療従事者がただ「正論」を振りかざすだけでは、患者は不自由な生活を強いられてしまいます。「白米は体に悪い」という言葉だけが独り歩きして患者の生活が不当に制限されてしまうことがないよう、注意が必要です。

【コラムコンセプト】
TV・新聞・週刊誌・インターネット......毎日さまざまなメディアから大量の健康情報が配信されます。それを見た患者さんが「こんな情報を見たけれど、私の治療って大丈夫?」と聞いてきたらどうしますか?医療や薬に関する情報は、命に関わるもの。正確さ、専門性が求められます。薬剤師は薬の専門家として、患者さんの持ち込んだ情報が適切かどうかを判断し、対応しなければなりません。このコラムでは毎月、世間を賑わした健康情報をリストアップし、必要に応じて解説します。患者さんからの突然の質問に困らないよう、情報収集の一手として役立てて頂ければ幸いです。

fabf9fbe.jpg

【児島 悠史氏 プロフィール】
京都薬科大学大学院修了後、薬局薬剤師として活動。「誤解や偏見によって生まれる悲劇を、正しい情報提供と教育によって防ぎたい」という理念のもと、日々の服薬指導のほか、Webサイト「お薬Q&A~Fizz Drug Information」を運営。医学論文などを情報源とした信頼性のある医療情報や、国民の情報リテラシー向上を目的とする記事を配信。近著は、「薬局ですぐに役立つ薬の比較と使い分け100」。

コメント

コメントの投稿はDISQUSもしくは各種SNSアカウントでログインするで必要があります。DISQUSの登録方法について

おすすめコンテンツ
7 月後半の押さえておきたい健康情報

7 月後半の押さえておきたい健康情報

薬剤師目線で考える 今月、世間を賑わした健康情報
2018年08月02日

7 月前半の押さえておきたい健康情報

7 月前半の押さえておきたい健康情報

薬剤師目線で考える 今月、世間を賑わした健康情報
2018年07月18日

6 月後半の押さえておきたい健康情報

6 月後半の押さえておきたい健康情報

薬剤師目線で考える 今月、世間を賑わした健康情報
2018年07月02日

6 月前半の押さえておきたい健康情報

6 月前半の押さえておきたい健康情報

薬剤師目線で考える 今月、世間を賑わした健康情報
2018年06月18日

5月後半の押さえておきたい健康情報

5月後半の押さえておきたい健康情報

薬剤師目線で考える 今月、世間を賑わした健康情報
2018年06月01日

「不要な薬を返すので、返金して欲しい」と言われた時は

「不要な薬を返すので、返金して欲しい」と言われた時は

薬剤師目線で考える 今月、世間を賑わした健康情報
2018年05月24日

5月前半の押さえておきたい健康情報

5月前半の押さえておきたい健康情報

薬剤師目線で考える 今月、世間を賑わした健康情報
2018年05月17日

4月後半の押さえておきたい健康情報

4月後半の押さえておきたい健康情報

薬剤師目線で考える 今月、世間を賑わした健康情報
2018年05月01日

トップに戻る