新規登録

アスリートが使ってはいけない育毛薬は?

2018年04月20日 08:00

 近年、市民やジュニア選手が出場するスポーツ大会でも導入されるようになったドーピング検査。アンチ・ドーピングの知識はオリンピック選手に限らず、全てのアスリートにとって必須のものになっています。スポーツファーマシストではないけれどアスリートの役に立ちたいと考える薬剤師T子を中心に、実務で押さえておきたいアンチ・ドーピングに関する情報をお伝えします。

登場人物.PNG
T子.PNG

ドーピングといえば、ステロイドを思い出すぐらいの知識しかなかったけれど、S男さんに教えてもらって、少しは理解がふかまったかなぁ?

S男.PNG

それじゃあ、クイズを出してみるよ!

クイズでおさらい!
うっかりドーピングを防ごう

Q1.png

 

 矢印.png

 

 

 

 

ウェブ答え1.png

ミクロゲン・パスタ(第1類医薬品)は主成分として2種類の男性ホルモン(メチルテストステロン、プロピオン酸テストステロン)を含むため禁止されている。リアップ(第1類)の成分はミノキシジル、プロペシアの成分はフィナステリド(5α-還元酵素Ⅱ型阻害薬)。同じ発毛薬でも成分が違うので注意。

トップに戻る