長崎県五島市・薬剤師奮戦記

第9回 「農薬ん話じゃなかんなら帰ってヨカかな?」

  •  2018年05月01日 08:00
goto_map_72.jpg

五島の夏はウキウキしています

 お薬説明会・相談会を始めて2年目の7月21日。五島の空は良く晴れて夏真っ盛りです。真っ青な空と白く輝くビーチを求めて、都会からもたくさんの人達が集まって来ています。なんだか五島の島全体がいつもよりも色鮮やかに彩られ、耳に届く声も2オクターブくらい高く響きウキウキと感じられます。

 そんな頃、私達も朝早くから久賀島へ行く準備に追われています。こんな日にビーチ以外の海に向かうなんて、よほどの変人でしょう。

 今回は、いつもの井上先生の他に保健所の嵩下先生という薬剤師さんが一緒です。実験道具は忘れてないよね。パソコンに移動式スクリーンとプロジェクターも入れたよね。カメラは入れたっけ?ちなみに海水パンツは持参しません。

 そんなこんなでバタバタしながら海上タクシーと待ち合わせの港へ出発です。真っ白なビーチはありませんが、みんな自然とニヤニヤしています。午前中に訪れるのは、久賀島の内陸部に位置し農業が盛んで、きれいな小川があり美味しいお米がたくさん取れる素晴らしい地区です。

goto9_scarecrows.jpg青々と茂る稲、それを見守る案山子

記事の続きやコメントを読むにはログインが必要です

ログイン

薬剤師・薬学生は無料会員登録へ

新規登録(無料)

「ファーマトリビューン」では、薬剤師・薬学生を対象に薬剤師業務に関わる様々な情報をお届けしています。

薬剤師の為の情報サイト
ファーマトリビューンへようこそ

  • 会員登録で全文お読みいただけます
  • ご利用は完全無料

会員登録(約1分で登録完了)