新規登録

薬局の自己測定スペースが医療費を削減

2018年05月09日 10:30

 健康診断や診療の随時HbA1c検査のみに比べ、薬局の自己測定スペース「検体測定室」が利用できると、検査の費用効果が高くなることが筑波大学の研究で分かった。「検体測定室」は自己穿刺による血液で血糖やHbA1c、血中コレステロールの検査が行えるスペースで、2014年に新設され現在では全国で約1,600カ所の薬局やドラッグストアに設けられている。検体測定室の費用効果が明らかにされたのは初めて。この成果は、Diabetes Care2018年4月23日オンライン版)に掲載された。

ファーマトリビューンウェブに登録すると記事全文を無料でお読みいただけます。

はじめての方

今すぐ登録(完全無料)

会員の方はこちら

ログイン
おすすめコンテンツ
第12回 都会人ばかりの不思議な島

第12回 都会人ばかりの不思議な島

長崎県五島市・薬剤師奮戦記
2018年08月01日

もしかして、周りと温度差があった?

もしかして、周りと温度差があった?

在宅専門から街角相談薬局への道のり
2018年07月30日

まずはプライマリ・ケアの理念を確認

まずはプライマリ・ケアの理念を確認

地域医療実践日記
2018年07月26日

Give&GiveがTakeをもたらすんちゃうかな?

Give&GiveがTakeをもたらすんちゃうかな?

アツい薬局をつくったる
2018年07月18日

家族の想いに寄り添う、家での「看取り」

家族の想いに寄り添う、家での「看取り」

まだまだつぼみだけど… 在宅専門薬局への道のり
2018年07月17日

「もうあの生活には戻れない!」

「もうあの生活には戻れない!」

Ph.リトーひとり薬剤部from小笠原
2018年07月06日

第11回 奈留島でお薬説明会をしませんか?

第11回 奈留島でお薬説明会をしませんか?

長崎県五島市・薬剤師奮戦記
2018年07月02日

目元がおかしい!紹介先は病院ではなく・・・

目元がおかしい!紹介先は病院ではなく・・・

在宅専門から街角相談薬局への道のり
2018年06月25日

トップに戻る